100年塾流!正しい銀行訪問の仕方【3】

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook1Tweet about this on Twitter0Share on Google+0Pin on Pinterest0Email this to someone

 

 

”社長がひとりで頑張る”ワンマン経営から
”社員が自然と動き出す”サイクル経営へ

『100年塾』塾長の金村秀一です。

 

 

100年塾流!
正しい銀行訪問の仕方【3】

 

 

数字の報告の後は、
私が今後の授業計画や会社の現況、
トピックス、他行の融資状況などを
報告します。

 

 

この時『悪いことから先』
報告するのがコツです。

 

 

社長は銀行に対して
良いことばかりいいたがる。

 

 

そして都合の悪い事は
言いたくないので後回しにする。

 

 

銀行訪問は、
『良いことも悪いことも報告する』
のが原則ですが、
話す順番には気をつけたい。

 

 

人間は
『最後に聞いたことが印象に残る』ため
『悪いことは先に、良いことは後』
報告します。

 

 

報告する内容は同じでも、
話の順番を変えるだけで
支店長の心象は違います。

 

 

多くの社長が
『赤字だと融資は受けられない』
と思い違いをしています。

 

 

たとえ現場は赤字でも、
その原因がはっきりしており、
対策がとれているなら、
銀行は融資に応じてくれます。

 

 

赤字が続いたときには

『今は、
 ◯◯◯な理由で赤字になっていますが、
 6ヵ月後には黒字になる見込みです。
 なぜなら・・・・・』

と現状と見込みを説明する。

 

 

6か月後に黒字に転換していなければ

『申し訳ありません。
 
黒字にはなりませんでしたが、
 
対策をとったことで
 赤字は少なくなっています』

 

 

そして黒字になったら
『結果が出ました』と報告する。

 

 

こうしたやりとりを重ねていくことで、
信頼関係が醸成されます。

 

 

会社が拡大路線をとっているときは
『その事業がどのように推移していくのか』
を随時銀行に公表する。

 

 

ただし、
現状と見通しがあまりにも違いすぎると
銀行から警戒されます。

 

 

計画と実績の『差が少ない方』が
評価は高い
ので、
大風呂敷を広げないこと。

 

 

見通しを語るときは、
少し辛めでいいとおもいます。

 

 

私はどの銀行でも『同じ話』をします。

 

 

なぜ、同じ話をするのか?

 

 

条件を揃えておかないと、
銀行ごとの温度差(スタンス)が
比較できないからです。

 

 

銀行報告は、
悪い話が先。良い話は後。

 

 

 

★☆★今日の仕事ができる人の心得★☆★

 

【 長短比率 】

銀行は融資をする際、

最初は短期資金を貸して様子を見る。

そして、長期と短期を取り混ぜて

資金を弾力的に運用している。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook1Tweet about this on Twitter0Share on Google+0Pin on Pinterest0Email this to someone