環境整備

強い会社が実践している環境整備とは?

チーム(組織)を動かすには、ルール(方針)とスコアボード(数字)とタイムスケジュール(計画)が不可欠です。

この3つが集約された具体的な方針が、全選手つまり、社員と共有できれさえいれば、どのような状態に陥っても上手に動くことができます。

言葉と文字で共有し、その内容を徹底することで、社員の行動も一致します。

そもそも環境整備とは、”仕事をやりやすくする環境を整えて備える”ことを言う。

整理・整頓・清潔・礼儀・規律の5項目の観点から、目に見えるものを整えることからはじめる。

『環境整備はすごく儲かるから絶対にやったほうがいい』ということを何人ものすでに導入している組織の社長から言われた。

この儲かるという不純な動機から環境整備の社内導入がはじまった。

わが社では環境整備を社内で取り組み始めて12年目を迎える。

環境整備を導入した当初は、これだけ多くの成果が上がるとは考えていなかった。

働き方改革を進める上での大きな課題は”生産性の向上”です。

この問題を棚上げして残業時間を短縮したり、休日を増やしたりしても会社の体力が減るばかりです。

ここで大きな力を発揮するのが”環境整備”です。

モノの環境整備における『環境整備をする』とは、具体的に言うと、整理・整頓・清潔の3つを行うこと。

よく整理整頓といいますが、整頓整理とは聞いたことがありません。

環境整備をするうえで、この整理整頓の意味を知ることはとても重要です。

整理整頓という言葉は、『整理』+『整頓』からできていて、『整理』の意味は『捨てること』、『整頓』の意味は『整えること』です。

このモノの環境整備が進んで、整理整頓されはじめると、自然と社員の心が整っていきます。

心が整うとは、共通の価値観が整うことです。

そして、社員の心が整う過程で、『ヒトの環境整備』が整います。

『ヒトの環境整備』が整うとは、共通の価値観を持つ人だけが、集まるということです。

こうしてモノとヒトの両方が整って、はじめて『コトの環境整備』(目に見えない仕事・情報のこと)ができることになります。

社員数30人規模の社長が次のステージに上がるための無料メール塾

無料PDFプレゼント!

  1. 「社長が1人で頑張るワンマン経営」から「社員が自然と動き出す」サイクル経営へ未来を実現にする『経営計画書(PDF)』
  2. 「赤字社員だらけでも営業利益20%をたたき出した社長の経営ノート」の立ち読みPDF

社員数30人規模の社長が次のステージに上がるためのヒト・モノ・カネの問題を解決する100年経営メール塾

個別経営相談のご依頼はこちら

金村との1対1の個別経営相談のご依頼を受け付けております。

ご相談内容の例

  • 売上アップや利益アップなど収益面でお悩みの方
  • 社内の見える化や仕組み化を導入・推進したい方
  • 社長の決定がなかなか実行されずお悩みの方
  • 社内のコミュニケーションを円滑にしたい方
  • 銀行からの融資など資金調達でお悩みの方
  • 成功し続けるための経営計画書・環境整備を詳しく聞きたい方

このようなお悩みをお持ちの方はもちろん、「どうしたらもっと上手く経営できるのか?」など、お悩みがはっきりされていない方でも大丈夫です。しっかりとヒアリングをさせていただき、やるべき課題を明らかにしていきます。

費用は、30分間27,000円 (25,000円+税) です。

来社・電話・ZOOM(テレビ会議)などでの相談が可能ですので、距離の制限を受けることなく全国どこからでも、金村に直接経営相談をすることができます。ぜひ、お気軽にご相談ください。

受付スケジュール

個別経営相談の受付スケジュールはこちらのカレンダーをご確認ください

お申し込み

お申込みはこちらのお申し込みフォームからお願いします。

お申し込みはこちら