生産性向上

中小企業平均の3倍の生産性を生み出すためにこだわっていることとは?

生産性向上のために、最初にやるべきことは、そもそも「その業務は何のため」にやっているのかという「目的(ゴール)」を確認することです。

生産性を向上させるために「減らす」ことだけを行っていくと、社員は途中で息切れしはじめます。

生産性の向上はしたが、社員が疲弊していて、社内の雰囲気が悪いなんてことになってしまったら、なんのための生産性向上かわからなくなります。

「生産性の向上=改善によるコスト削減」という先入観を持っている人が多くいます。

しかし、ここでいう「生産性(労働生産性)」を高める方法をしっかりと理解・把握し、実践している社長は少ないです。

労働生産性とは、営業利益+人件費+減価償却費と定義されています。

「効率的」な生産性を向上させるキーワードは、

  1. 整理
  2. 整頓
  3. ダブルキャスト

です。

仕事の「整理」と「整頓」を徹底することで、効率的生産性が向上します。

生産性が高い会社は、ダブルキャスト(多能工)に積極的に取り組んでいます。

ダブルキャストを進めるためには、まずマニュアルとチェックリストが必要です。

金村秀一公式メルマガ

*メールアドレス
*お名前(姓)
※お名前は匿名でも登録できます。