【超簡単】B/Sを5つのブロックで理解する

B/Sには細かい項目や数字が書いてあって難しそうに見えますが、よく見ると5つのブロックからできていることがわかります。この5つのブロックそれぞれの合計金額のバランスさえ見ればOKです。

そこから自分の会社のキャッシュの流れが健全なのか、そうでないのかがわかります。実は、銀行の担当者もこのキャッシュの流れを見ています。具体的に5つのブロックに分けてみましょう。

まず、左側の「資産の部」を2つのブロックに分けます。1つめは「流動資産」のブロック、2つめが「固定資産」のブロックです。

次に右側の「負債の部」は3つのブロックに分けます。3つめが「流動負債」のブロック、そして4つめが「固定負債」のブロックです。最後の5つめは「純資産の部」の合計を「自己資本」のブロックとします。

この5つのブロックを使って瞬時に会社の健康状態を見極めことができます。では、ブロックのどこをどのようにチェックすればいいのでしょうか?

金村秀一公式メルマガ

*メールアドレス
*お名前(姓)
※お名前は匿名でも登録できます。

匿名でブログの感想を送信する

この記事を書いた人

金村 秀一

金村 秀一

100年塾塾長・社長コンサルタント

社員数30人以下のヒト・モノ・カネの悩みを解決するための成功し続ける社長の経営塾”100年塾”を主宰。

経営塾”100年塾”は、飲食業界に関わらず、様々な業界の社長が全国各地から参加している。経営計画書・環境整備・斜めの関係という再現性の高い道具を使って、社員がイキイキと働きながら、社長の決定をすぐに実行する、高収益体質の会社づくりをサポート、生産性が高い強い経営ができる。