仕事ができても会社・組織の方針に従わない社員は評価するな!人材育成のコツは再現性の高さにあり。

金村
仕事ができても会社・組織の方針に従わない社員は評価してはいけません。それは一体なぜなのか。この記事にまとめてみました。

結果を出しても評価されなかったある社員。

我が社には過去に仕事ができる社員がいました。

2店舗の責任者として活躍し、予算に限りなく近い成果を残していました。

普通の会社なら、彼は会社から評価されるかもしれません。

しかし、私は、彼を評価しませんでした。

なぜなら、会社の方針を共有しない、実行しない社員だったからです。

たとえ、今、成果を出せていたとしても、それは単なる偶然かもしれません。

それほど、継続的に成果を出し続けることは難しいことです。

社員の我流に依存した時に末路。

仮に、彼が仕事ができる優秀な社員だったら、なおさら評価しません。

なぜなら、何かのきっかけで成果が出せなくなった時には、彼は『方針に従わない人』+『成果が出せない人』ということで、会社に居場所がなくなり、自ら会社を去っていく可能性が高いからです。

方針に従わずに成果を上げている場合は、結局最後にはこのような悪い結末になることが多い。

ですから、このように不安定な、たまたまの成果を評価していたのでは、会社や組織を継続的に成長させ続けることは難しくなります。

そんな彼の仕事のスタイルは、我流のスタイルで成果を出すやり方。

このやり方に依存していては、継続的な成長を見込むことはできません。

成長し続ける会社が持っている『再現性の高さ』。

ここで大切になるキーワードは、『再現性の高さ』です。

派手じゃなくていい。地味でいい。

誰にでもできることをコツコツやることで、必ず成果が上がることに焦点をあてて、継続し続けること。

これが成長し続けている会社が持っている方針であり、価値観です。

地味なことをコツコツ続けて、派手な成果をあげる。

派手なことは、コツコツ続けることはできません。

それだけのエネルギーが必要であり、また、それを持ち合わせる人材は稀だからです。

地味だからこそ、コツコツ続けられる。

会社や組織の方針をコツコツ実行できる人。

これこどが、会社の財産である『人財』なのです。

売上・業績などの成果ばかりに目が行くと、成長し続けるために必要な大切なことを見誤る時があります。

ローマは1日にして成らず。

継続的な小さな成功こそが、成長し続ける会社や組織をつくりだし、そして、夢を現実にする。



▽▽▽金村秀一の公式メルマガ『経営のカンドコロ』の登録はこちらから▽▽▽

*メールアドレス
*お名前(姓)
※お名前は匿名でももちろん登録できます。

100年塾 21期生募集開始【先着5社限定】

社員数30人以下の成功し続ける社長のための経営塾『100年塾』の21期生(9月生)の募集がスタートしました!

『経営計画書』『環境整備』『斜めの関係』の会社を強い体質に変える3つの仕組みを使って、たった16週間という短期間で、社長が変わり、社員が変わり、そして、潰れない会社体質を手にすることができます。

100年塾に参加しているお客様の満足度は、驚異の92.6%の小さな会社の社長のための経営塾です。ぜひ、一度その理由を下記からご覧ください。

無料メルマガ

▽▽▽ 金村秀一の公式 無料 メルマガ 『経営のカンドコロ』の登録はこちら ▽▽▽ 

*メールアドレス
*お名前(姓)
※お名前は匿名でも登録できます。

こっそり感想を送信する

この記事を書いた人

金村 秀一

金村 秀一

100年塾塾長・社長コンサルタント

社員数30人以下のヒト・モノ・カネの悩みを解決するための成功し続ける社長の経営塾”100年塾”を主宰。

経営塾”100年塾”は、飲食業界に関わらず、様々な業界の社長が全国各地から参加している。経営計画書・環境整備・斜めの関係という再現性の高い道具を使って、社員がイキイキと働きながら、社長の決定をすぐに実行する、高収益体質の会社づくりをサポート、生産性が高い強い経営ができる。