社長の機嫌

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook1Tweet about this on Twitter0Share on Google+0Pin on Pinterest0Email this to someone

 

 

 

 

社長の機嫌には「上機嫌」と「中機嫌」と「不機嫌」がある。

 

 

いつも不機嫌な社長には、なぜか不機嫌な出来事が起こる。

中機嫌というのは、機嫌がいい時もあれば、悪い時もある。

ということは、普通ということ。

だから、普通の社長には普通のことが起きる。

そんな社長から「何かいいことありませんか?」と聞かれるが、

普通の人には普通のことしか起きません。

いつも上機嫌でいる社長にだけ、良いこと、奇跡的なことが起こる。

 

 

正直、経営をしていれば色々なことが起こる。

もちろん、良いことも悪いことも起こる。

良い時は機嫌が良く、悪い時は機嫌も悪く。

これが普通のことだと考えている。

これだと上機嫌の社長として良いこと、奇跡的なことは起こらない。

 

 

なぜなら、

目の前で起こる良いこと悪いことに合わせて、

自分の機嫌も上げ下げしている。

 

 

要は”感情のままに生きている”ことがわかる。

何も考えずに感情に流されながら生きていると人は不幸になる。

 

 

そもそも人間は何も考えずにいると

「不安」なことを考えるようにできている。

自分の身を守る防御本能として

「不安」が湧き上がってくるようにできている。

このようにして「最悪な状況」を考えて、

その状況にならないようにしようとする。

 

 

これらと比べて上機嫌の社長は「感情」に任せずに

「意思」の力で動いている。

 

 

どんなことが起こっても、

前向きに幸せなことを考えるように「意思」で持っていく。

「何か良いことがあったから機嫌が良い」のではありません。

毎日経営をしていて、小さなことや他の人が

あたりまえと思って見逃していることを

「幸せ」と感じることで「上機嫌」になれる。

 

 

自分に起こることすべてを

「意思」の力で幸せの方向に持っていく。

 

 

この「意思」とは、人間が幸せになるための「舵」。

人間には生まれながらに「舵」が付いている。

与えられたこの「舵」をめいいっぱい使うことで幸せになれる。

 

 

「感情」のままに生きていたら、

心配や不安など、不幸なことばかり考えるようになる。

 

 

「感情で生きるのが人間らしい」という人もいるが、

猿や犬、猫などの動物も感情のまま生きている。

 

 

「意思」の力を使って生きることを許されているのは人間だけ。

 

 

いつも言っていますが、社長は神ではなく、人の子です。

意思決定でミスもすれば、感情的になることもある。

それを人間だけに与えられた意思の力でどう感じるか、どう考えるか。

 

 

上機嫌な人=機嫌がいい人=幸せな人。

 

 

幸せとは、その人が自分で気づくもの。

幸せとは、その人が自分で感じるもの。

だから、その人が幸せになろうと思ったら、

いくらでも自分で感じることができる。

 

 

社長の機嫌が悪いと、周りの社員が気を使う。

お客様第一主義と言っていながら、

お客様ではなく社長に気を使う。

 

 

社員に機嫌を取らせてはダメ。

自分の機嫌は自分でとる!

自分の機嫌ぐらい自分で取りながら経営をする。

 

 

この上機嫌経営は、いつでもはじめられる。

はじめ方は簡単。

社長であるあなたに付いている舵を幸せの方にきるだけ。

社長が上機嫌になることで、

不思議なぐらいに良いことが起こり出す。

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook1Tweet about this on Twitter0Share on Google+0Pin on Pinterest0Email this to someone