体質改善プロジェクト

毎年恒例で参加している富士山マラソンまで1ヶ月を切った。
前回は1週間前に足首を骨折したため、走ることができなかった。
今年は万全のコンディションで当日を迎えたい。

とは思っていたが、体重調整が上手くいっていない。
現時点で通常よりも3.5Kg増となっている現状だ。

これをいいきっかけとして、
富士山マラソンまでのコンディション調整としてはもちろん、
6月の千歳マラソンまでに体重を80Kgまで調整をする
体質改善プロジェクトをはじめることにした。

先月読んだ本の中にこんな本があった。

『世界一やせる走り方』(中野ジェームズ修一・サンマーク出版)

https://goo.gl/xyRZLq

この本の内容を実践して検証をしてみたいと思う。

富士山マラソンまでは1ヶ月もないので、
ターゲットは次の大会である6月の千歳マラソンにする。

目標は7ヶ月以内に13.5Kgの体脂肪を落とすこと。
そのためには1ヶ月で12,240kcal、
1週間で3,060kcalを走って消費する!

上記数字の算出方法は、
7ヶ月で13.5Kg落としたい場合、
1ヶ月で約1.93Kgの体脂肪を落とす計算になる。
1ヶ月で1,930g×7.2kcal=13,510kcalを消費。
1週間で13,510kcal÷4=3,377kcalを消費。
自分の体重が92Kgの場合、3,377kcal÷92Kg=36.707㎞
1週間に約37㎞走ると、7ヶ月で13.5Kg減量のプランが立つ。

この結果毎週37㎞を走ることを7ヶ月間続けてみることにする。
進捗情報は毎週日曜日に進捗をブログにアップする。

2018年6月3日(日)の千歳マラソンまで続けることにする。

この記事を書いた人

金村 秀一

金村 秀一

100年塾塾長・社長コンサルタント

社員数30人以下のヒト・モノ・カネの悩みを解決するためにの成功し続ける社長の経営塾”100年塾”を主宰。

経営塾”100年塾”は、飲食業界に関わらず、様々な業界の社長が全国各地から参加している。経営計画書・環境整備・斜めの関係という再現性の高い道具を使って、社員がイキイキと働きながら、社長の決定をすぐに実行する、高収益体質の会社づくりをサポート、生産性が高い強い経営ができる。