組織の問題解決の答えは会社内にはない!

”社長がひとりで頑張る”ワンマン経営から
”社員が自然と動き出す”サイクル経営へ

『100年塾』塾長の金村秀一です。 

問題解決の◯◯◯は社内に
◯◯は社外にしかない

会社の業績を向上させるための
ヒントは社内にありますが、
その答えは社外にあるものです。

ですから私は積極的に社外に出て
勉強会に参加したり、人と会ったり、
ときにはベンチマーキングしたりして、
その答えを見つけるようにしています。

このようにして
私が社内で一番勉強していることは、
社員の誰もが知っています。

では、なぜ私は勉強をしているのか?

それは、
時代の変化に対応できる
組織にするためです。

社内に『新しいコト』を導入して、
それを実施させることで
意図的に変化を与えています。

その変化に社員たちが慣れることで、
変化を厭わない組織を
つくることができるからです。

成功し続ける社長のための経営塾
100年塾に、社長自身は参加せず、
社員だけを参加させたいと
言われることがあります。

それはお断りさせていただいています。

なぜなら、
強かな組織にするためには社長が勉強し、
社長自身が変わることが、
何よりも最初に求められるからです。

社長が勉強しなければ、
時代の変化についていくことはできません。

そこで、
年間を通じて強制的に学ぶ環境を
100年塾では提供しています。

ただしここに、
多くの社長が行いがちな過ちがあります。

それは、社長自身が勉強してきたことを、
組織内ですぐに実行してしてしまうことです。

これは社員にしてみれば、
どんだ迷惑となります。

私自身、過去にこれをしていました。

社外に勉強に行って戻るたびに、
『今度はどんな宗教を聞いてきたんですか?』
と、社員から言われていたほどです。

それでは、どうしたらいいでしょうか?

この答えは次回でお伝えします。

社長が勉強しない会社に
明日はない。

★☆★今日の仕事ができる人の心得★☆★

【 社長の役割 】

儲かる会社より、

つぶれない会社をつくることです。

まずは手形を発行しないことです。

この記事を書いた人

金村 秀一

金村 秀一

100年塾塾長・社長コンサルタント

社員数30人以下のヒト・モノ・カネの悩みを解決するためにの成功し続ける社長の経営塾”100年塾”を主宰。

経営塾”100年塾”は、飲食業界に関わらず、様々な業界の社長が全国各地から参加している。経営計画書・環境整備・斜めの関係という再現性の高い道具を使って、社員がイキイキと働きながら、社長の決定をすぐに実行する、高収益体質の会社づくりをサポート、生産性が高い強い経営ができる。