経営計画書を作るときに知っておくべき組織のサイクル

弊社ウィルウェイの経営計画書には、事業年度スケジュールに1年間の会社のスケジュールが事細かに書かれています。各種会議はもちろん、ベクトル勉強会、経営計画発表会、環境整備点検、個人面談、社員旅行、健康診断。さらに、社員の誕生日、結婚記念日などもです。

このスケジュールを見た社長のほとんどが、「よくこれだけ細かい計画が1年分も立てられるよね」と感心します。

もっとも会社で行われていることの80%以上が毎年繰り返されているという事実を知れば、この事業年度スケジュールは私がすごいわけでもなんでもなく、誰にでも作ることができることがわかります。現に、100年塾に参加された社長は、自社の事業年度スケジュールを私の指導によりすぐにつくり、自社のオリジナルの経営計画書を完成させています。

私がはじめて事業年度スケジュールをつくった時は、この計画はまるで機能しませんでした。予定通りに実施されたのはたったの10%程度でした。このような結果になった、原因は全て私にありました。

当時の私は事業年度スケジュールを自分のGoogleカレンダーに反映させていなかったため、他社のベンチマーキングやセミナー、そして、時には出張やゴルフの日程を勝手に入れていました。そのために、手帳に書かれているスケジュールとダブルブッキングして、社内の予定を延期や中止にしていました。社長自らがこのような状態ですから、抵抗勢力として一致団結していた社員たちも何かと理由をつけては、予定の延期や中止を繰り返していました。

このように社長である私が例外の許される経営計画書をつくってしまったため、初年度は事業年度スケジュールだけでなく、経営計画書の方針も社員に浸透することはありませんでした。経営計画書とは例外をつくった時から無意味となるということです。

豪華6大特典つき!『超・実践経営セミナー』

【 全国7都市で開催! 】札幌・長野・埼玉・名古屋・大阪・広島・福岡
社長の悩みは尽きないもの。
ヒト・モノ・カネのそんな悩みごとや困りごとを解決する内容が盛りだくさん!
100年塾塾長の金村があなたの街で『超・実践経営セミナー』を開催します!
豪華6大特典つき+破格の参加費です。ぜひ、気軽にご参加ください。

100年塾 21期生募集開始【先着5社限定】

社員数30人以下の成功し続ける社長のための経営塾『100年塾』の21期生(9月生)の募集がスタートしました!

『経営計画書』『環境整備』『斜めの関係』の会社を強い体質に変える3つの仕組みを使って、たった16週間という短期間で、社長が変わり、社員が変わり、そして、潰れない会社体質を手にすることができます。

100年塾に参加しているお客様の満足度は、驚異の92.6%の小さな会社の社長のための経営塾です。ぜひ、一度その理由を下記からご覧ください。