ランチェスター戦略で販売戦略を強化する

金村
100年塾第2講が終了しました!

販売なくして事業なし

100年塾第2講の経営合宿が無事に終了しました。

第2講はランチェスター戦略を深掘りし、実践まで落とし込むことがゴール。

30ページを超える資料に真剣に目を通しながら、

今期の経営計画の3大方針をチェックし、来期に向けて磨き上げます。

ところで、ランチェスター戦略はご存知ですか?

弱者の戦略と呼ばれていて、

社員数の少ない小さな会社はこの戦略を駆使することで

より効果的な販売戦略を計画することができます。

その結果、来期の業績アップをより確実なものにできます。

ゆるやかなバージョンアップが深化を生む

100年塾では一倉定先生の経営の原理原則を中心にプログラムを組んでいます。

ですが、よりわかりやすく、より実践的な内容にするために

毎回少しずつゆるやかなバージョンアップを続けています。

ランチェスター戦略は、理論はしっかりしているものの

実際の経営になかなか落としづらいために成果に繋がらない。

それをより実践的な内容で、実際の経営で使えるように

ここまで具体的に落とし込めているランチェスター戦略は他にはありません。

お客様の満足度と実績(業績)を高めるために

これからも緩やかなバージョンアップ続けていきます。

次回からいよいよ経営計画づくり

今回の第2講では、お客様・商品・販売に関する方針の3大方針のための深掘りをしました。

小さな会社の経営は、この3大方針で決まると言っても過言ではありません。

この方針がブレることで、来期の業績もブレていきます。

すべては社員の戦術で決まるのではなく、社長の戦略で決まります。

だから、小さな会社の社長の決定とはとても重要かつ責任重大なのです。

 

金村秀一公式メルマガ

『ブログには書けない本音トークをメルマガでお届けします!』

※匿名でもご登録できます。

匿名でブログの感想を送信する

    この記事を書いた人

    金村 秀一

    100年塾塾長・社長コンサルタント

    社員数30人以下のヒト・モノ・カネの悩みを解決するための成功し続ける社長の経営塾”100年塾”を主宰。

    経営塾”100年塾”は、飲食業界に関わらず、様々な業界の社長が全国各地から参加している。経営計画書・環境整備・斜めの関係という再現性の高い道具を使って、社員がイキイキと働きながら、社長の決定をすぐに実行する、高収益体質の会社づくりをサポート、生産性が高い強い経営ができる。