変化が早い時代だからこそ、選んだ道でどう生きるかが重要になる

金村
2020年の05/52WEEKSが終了しました。

受験シーズン到来

毎年2月1日から東京の中学受験がはじまる。

子供たち2人と一緒に経験したこともあり、『受験シーズン到来』というニュースを見て昔を思い出す。

今年は暖冬ということもあり、大雪などの影響がなく何よりだった。

逆に、コロナウィルスが心配かもしれないが、受験にはそれほど影響はないだろう。

受験生全員が、これまでに積み上げてきた努力を実力に変えて、100%の力を出してもらいたい。

『合格』とは学生の『格合わせ』

受験がある以上、合格した人とそうでない人がいる。

学校にも、学校経営上の定員がある以上、仕方がないこと。

そもそも『合格』という言葉は、『格が合う』と書く。

だから、『あなたの学校との格が合いましたよ』という通知が合格通知になる。

受験とは、学生の『格合わせ』をして、整えているに過ぎない。

だから、一番苦しいのは、合格できなかったことではなく、格が合っていない学校に行くこと。

挑戦校への受験で、マグレで合格してしまう人は、喜んでいいのかどうか微妙なところだ。

選んだ道でどう生きるか

どちらにしても、同時に2つの道を進むことはできない。

常に1つの道を選択し、決断し続ける必要が人生ではある。

大切なことは、

『どの道を選ぶかよりも、選んだ道でどう生きるか』

ということ。

IT技術の発展によって、時代は恐ろしさを感じるほと早く変化している。

目の前にある職業が、10年後になくなる時代でもある。

そんな時代だからこそ、そもそも『正しい道』や『正解』などない。

あるとするならば、『今は、正しいであろう道』に過ぎない。

だから、正しい道を選ぶことよりも、選んだ道でどう生きるか。

これを徹底することが、あなたの人生を豊かにする。

先週のLIFE CYCLE

先週1週間のLIFE CYCLE。

2020年からドリームマネージャーで実践している体&食事マネジメントの1ヶ月の集計結果がでた。体重:▲2.6kg、体脂肪率:▲2.1%、筋密度:+1.8%、BMI:▲0.8となった。体の方のトレーニングは、基本的にランニングを中心にしていたこともあり、久しぶりの筋力トレーニングとなっている。食事に関しては、腹八分目などの感覚に頼ることなく、アプリで食事のPFCバランスを整えていることが大きい。1ヶ月間で1.5〜2.0kgのウエイトダウンが継続できれば、筋力も落ちずに良い感じになる。『習慣は能力を凌駕する』次回の3月1日が楽しみだ。

 

金村秀一公式メルマガ

匿名でブログの感想を送信する

この記事を書いた人

金村 秀一

金村 秀一

100年塾塾長・社長コンサルタント

社員数30人以下のヒト・モノ・カネの悩みを解決するための成功し続ける社長の経営塾”100年塾”を主宰。

経営塾”100年塾”は、飲食業界に関わらず、様々な業界の社長が全国各地から参加している。経営計画書・環境整備・斜めの関係という再現性の高い道具を使って、社員がイキイキと働きながら、社長の決定をすぐに実行する、高収益体質の会社づくりをサポート、生産性が高い強い経営ができる。