大坂なおみ選手全豪オープンテニス優勝おめでとうございます!

金村
『52週経営』の4/52WEEKSが終了。

優勝翌日の新聞は『大坂なおみ』一色

画像出典:Number Web

今週は週末に行われたテニス全豪オープンで大坂なおみ選手が優勝した。ちょうど週末で、自宅で仕事をしている時だったので、LIVEで観戦することができた。

どんなスポーツにもあると言われる『試合の流れ』。この決勝でも、幾つもの流れがあった。

第2セットを落とした時の流れはもちろん、チャレンジシステムでの成功や失敗でも、流れを変えるきっかけとしては十分だった。

翌日の日曜日の朝、珍しくスポーツ新聞を買いに行った。年間を通じて、箱根駅伝以外でスポーツ新聞を買うことはほとんどない。今回のような自分にとって大きなスポーツ結果があった翌日には買いに行っている。

ネットで見ることもできるが、実はアナログの方が目に入る情報量が圧倒的に多い。そのために、短時間でスポーツライターが書いた貴重な情報を知ることができるのが良いところ。

チームで勝ち取った優勝

今回の優勝に関しても、伏線でいろいろなドラマがあったことがわかる。

コーチ・バイン氏との出逢い。日米でなおみ争奪戦が行われたいたこと。

大坂なおみのチームも世界一流のトレーナーで構成されていること。

これらの話を読んでいても、今回の優勝も選手ひとりで成し得たことではないことがわかる。

特に読んで印象的だったことは、大坂選手のトレーニングを18年から担当している、優勝請負人と言われるシラー氏の言葉だ。

17年末のオフシーズンに初めて大坂選手を見た時の第一印象は『動きが遅い』だった。でも彼女には、女王になる資質と、それ以上に、女王になりたいと望む気持ちがあった。アメフトのNFL選手の俊敏さ、短距離走選手のスピード、サッカー選手の持久力を併せ持った大坂選手を作り上げたい。

とシラー氏は話をしている。

大坂選手はまだ弱冠21歳。シラー氏と出会って1年ほど。本人の上昇志向の気持ちに加えて、優勝請負人の技術が加わることで、どこまで成長するのかが楽しみで仕方がない。

次のグランドスラムは、5月の全仏オープン。また、大坂選手の活躍を楽しみにしている。

大坂選手の魅力はテニス以上に人柄が人気

インタビューの最後には、抹茶アイスが差し出されて、『勝利のご褒美のアイスです。いつぶりのアイスですか?』という質問に対して、『11月以来です。ずっと我慢してました』という微笑ましい大阪選手の回答があった。

彼女の魅力はテニスの上手さ・強さ以上に、誰からも愛される可愛い人柄にあるのだろう。優勝した時も、他の外国人選手とは違う、恥じらいや軽い会釈(お辞儀)などを見るだけで、微笑ましくなる。

このような言動から、テニスを知らない人までもファンにしているのだろう。僕自身が久しぶりに応援したいと思える、スポーツ選手のスターが現れた。

大坂選手、全豪オープン優勝、おめでとうございます!


▽▽▽金村秀一の公式メルマガ『経営のカンドコロ』の登録はこちらから▽▽▽

*メールアドレス
*お名前(姓)
※お名前は匿名でももちろん登録できます。

この記事を書いた人

金村 秀一

金村 秀一

100年塾塾長・社長コンサルタント

社員数30人以下のヒト・モノ・カネの悩みを解決するための成功し続ける社長の経営塾”100年塾”を主宰。

経営塾”100年塾”は、飲食業界に関わらず、様々な業界の社長が全国各地から参加している。経営計画書・環境整備・斜めの関係という再現性の高い道具を使って、社員がイキイキと働きながら、社長の決定をすぐに実行する、高収益体質の会社づくりをサポート、生産性が高い強い経営ができる。