価格ゼロの気遣いやおもてなしの付加価値が感性の良いお客様を引き寄せる。

金村
『52週経営』の5/52WEEKSが終了。

新しく通う近所の床屋がすごい

今日は週末に近所の床屋に行ってきた時に気づいた話。
これまでは銀座や有楽町まで行って、お洒落なお店で髪を切ってもらっていた。
でも、髪を切る時間がなかなか取れなくなったこともあり、近所の床屋にお店を変えた。
新しい床屋に行ってわかったことなのだが、実はこの床屋が結構すごいことに気づく。
夫婦2人でやっているものの、髪の毛を自動で洗ってくれる全自動シャンプーマシンが導入されていたりする。
さらに『環境整備』を知ってか、知らずか、店内のものが整っていることにも気づく。

随所に作業効率をアップする仕組みが隠されている

その代表例が、普通のお店であれば、切った髪をほうきとちりとりで片付ける。
でも、このお店には、そもそもちりとりがない。
なぜなら、床にほうきの先がちょうど入る幅の穴が開けられていて、切った髪は全てその床に収納されるようになっている。
だから、お店の人が両手を使ってほうきとちりとりを扱うことがなく、スムーズに髪の毛を片付けていく。
このような、僕の目から見ても『なるほど!』と思える仕組みが、店内の随所にある。
環境整備を指導している僕からすると、『他にも何かあるのでは?』とわくわくする気持ちは、子供たちがディズニーランドで隠れミッキーを探しているのと同じ気分だ。

『電話代10円』の小さな封筒

約1時間かけて無事に髪も切り終わり、お会計をレジで済ませる時にお店の人から小さい封筒を渡される。

それは、電話で予約をした人にくれる『電話代10円』の小さな封筒だった。

このお店には2席しか席がないので、1時間に2人しか髪を切ることができない。
そのようなこともあり、週末は予約でほぼ全ての時間が埋まり、その予約はほとんどが電話。
その電話代として、わざわざ親切に『10円』を帰りに渡してくれる。

たった『10円』だけど、この気遣いやおもてなし感が心を温かくしてくれる。

▲小さな封筒だと思って開いてみると、それは手作りでつくられた『電話代10円』専用の封筒だった。

アタリマエの再確認と徹底

今週の火曜日に実施した『戦略MG流通版』でも、一見すると価値がないものでも『付加価値』として加えることで、ライバルと差別化できる体験をしたばかり。

同じように、今回の『電話代10円』は価値としては決して高くはない。
でも、お店のご夫婦がしてくれる、このような気遣いやおもてなしができるお店と、長く付き合いたいと思うお客様だけがこのお店に来ている。
だから、自然とお客様との関係性も深くなる。話をしていればそれがよくわかります。
『電話代10円』のようなアタリマエのことを徹底してアタリマエに実行する。
もはやアタリマエになりすぎて、どこの会社でも見落としていることは多くあります。
そのアタリマエにスポットライトを当てて、改めて実施することで、ライバルとの差別化として活用することができる。

感性を高めて良いお客様と数多く取引をする

さらに、このような些細なアタリマエに気づいてくれるお客様とは、基本的に感性がよいお客様のことが多い。
そして、感性が良いお客様とは、価格の安さや値引きにそれほどこだわりがないことが多い。
つまり、不要な値引き交渉やわがままも少ないお客様ということ。
このような『良いお客様』と数多くお取引をすることが、強い会社をつくるためには重要だと言える。
お客様を『差別』することは失礼だが、『区別』しないのも失礼だと言える。
『良いお客様』と数多く取引するために、店舗や会社、そして、そこで働く人たちの感性を高める。
感性の高い人材が実施する、感性のよいことがらが、よいお客様を引き寄せていく。
その結果、職場の環境、空気、業績はプラスのスパイラルで上昇していく。
たかが、『電話代10円』と思わずに、このような感性のよい気遣いやおもてなしで、『良いお客様』を捕まえてみてはいかがだろうか。

100年塾 21期生募集開始【先着5社限定】

社員数30人以下の成功し続ける社長のための経営塾『100年塾』の21期生(9月生)の募集がスタートしました!

『経営計画書』『環境整備』『斜めの関係』の会社を強い体質に変える3つの仕組みを使って、たった16週間という短期間で、社長が変わり、社員が変わり、そして、潰れない会社体質を手にすることができます。

100年塾に参加しているお客様の満足度は、驚異の92.6%の小さな会社の社長のための経営塾です。ぜひ、一度その理由を下記からご覧ください。

無料メルマガ

▽▽▽ 金村秀一の公式 無料 メルマガ 『経営のカンドコロ』の登録はこちら ▽▽▽ 

*メールアドレス
*お名前(姓)
※お名前は匿名でも登録できます。

こっそり感想を送信する

この記事を書いた人

金村 秀一

金村 秀一

100年塾塾長・社長コンサルタント

社員数30人以下のヒト・モノ・カネの悩みを解決するための成功し続ける社長の経営塾”100年塾”を主宰。

経営塾”100年塾”は、飲食業界に関わらず、様々な業界の社長が全国各地から参加している。経営計画書・環境整備・斜めの関係という再現性の高い道具を使って、社員がイキイキと働きながら、社長の決定をすぐに実行する、高収益体質の会社づくりをサポート、生産性が高い強い経営ができる。