マーケットはお客様とライバルとわが社の3者によっていつの時代も止まることなく変化し続けている

金村
『52週経営』の3/52WEEKSが終了。

 マーケットにはお客様とライバルとわが社しかいない

2019年最初の、成功し続ける社長のための経営塾『100年塾』が開催された。
第1講は戦略MG(マネジメントゲーム)を使いながら、マーケット(市場)にはお客様とライバルとわが社しかいないことを、実際にゲームで体験し、肌で感じていただく。
ここで体験した内容が、経営計画書の3大方針を考える時に大きな意味を持つようになる。
マーケットとはライバルとの関係性によって、まるで生きているかのように姿・形を変える。
そのために、常にマーケットの動向をチェックして、自社を変化させ続けていく必要がある。

ものまねショーの生の経営から学ぶ

合宿中には参加者同士のコミュニケーションを深めるために、2日目の夜に必ずものまねショーに見学に行く。

単に、ものまねショーを楽しむためではなく、学ぶべきことは多い。

『ショーの構成はどのようにできているか?』
『舞台袖は、どのような環境になっているのか?』
『練習にどれぐらいの時間を費やし、本番に臨んでいるのか?』
『どのような仕組みで経営が回っているのか?』

今年はいつも行っているお店と違うお店に行くことにした。

業種は同じでも、業態の違いによって、どのような差が生まれているのかを体験してもらうために。

安くても売れず、高くても売れる

今回行ったお店は、飲み放題で食事もついて、料金も良心的。

ショーの内容に関しても、こちらのものもとても満足の行くものだった。

でも、昨年まで行っていた店ほど、客入りは良くない。

ショーの時間なども、以前までの店との変わりはない。

価格に至っては、今回行ったお店より3倍ほど高い。

でも、連日ほぼ満員御礼となる大盛況の中営業をしている。

一体、この差はなんなのだろうか?

地味な微差の積み重ねが派手な結果を生む

購入の選択権は、いつでも、全て、お客様にある。

お客様のニーズに合わせた商品・サービスを創造し、提供し、修正し続ける。

今の時代はニーズが多様化してることもあり、頭で考え過ぎていては上手くはいかない。

創造した商品・サービスをまずは小さくはじめ、その成果を確かめる。

お客様の声や反応を吸い上げながら、緩やかなバージョンアップ(修正)をし続ける。

その地味な微差の積み重ねが、派手な成果を生む。

マーケットは生きている。

お客様とライバルとわが社の3者によって、止まることなく、いつまでも変化し続けている。

金村秀一公式メルマガ

『ブログには書けない本音トークをメルマガでお届けします!』

               

匿名でブログの感想を送信する

この記事を書いた人

金村 秀一

金村 秀一

100年塾塾長・社長コンサルタント

社員数30人以下のヒト・モノ・カネの悩みを解決するための成功し続ける社長の経営塾”100年塾”を主宰。

経営塾”100年塾”は、飲食業界に関わらず、様々な業界の社長が全国各地から参加している。経営計画書・環境整備・斜めの関係という再現性の高い道具を使って、社員がイキイキと働きながら、社長の決定をすぐに実行する、高収益体質の会社づくりをサポート、生産性が高い強い経営ができる。