社長と幹部社員の勘違いを整える

15/52WEEKSが終了。

私の年間スケジュールの中で最も忙しくなる月が4月、5月、9月だ。それに加えて、実質初めての大卒採用を迎い入れたこともあり、この4月はいつもよりバタバタしている。特に、幹部社員が自分の仕事と部下の教育を責任を持ってやっている姿を見ているだけに、彼らの体調などが気になって仕方がない。

今週は100年塾に参加する企業を対象として、幹部社員のための塾である『幹部養成塾』が開催された。全国から15名の幹部社員及び幹部候補社員が参加した。会社を経営する社長たちにそもそもわかっておいて欲しいことがある。それは社長の観点(アタリマエ)と幹部社員の観点(アタリマエ)はそもそも違うと言うこと。

これをわからずに経営を続けることで「なぜ、理解してくれないんだ?」というようなことが無くなる。基本的に社長と幹部社員の観点が違うためにお互いに多くの勘違いを起こしている。そのズレを修正するために、幹部養成塾で社長が考えていることを伝え、幹部社員とはどのように考え、何をしないといけないのかを解いている。

社内では距離が近すぎて社長が何を考えているかを幹部社員は知ることができない。知ったとしても中々受け入れることができない。なぜなら、うちの社長だけが特別でそう考えていると思っているからだ。

しかし、幹部養成塾に参加することで、「うちの社長だけ」と思っていたことが、他の会社の社長である金村から同じことを言われると、どこの会社でもそのようなことが普通であることをはじめて知る。

内容によっては、ウィルウェイは変化の激しい変態会社なので、うちの社長の方がよっぽどマシだと思ってもらえれば私はなお嬉しい。

このような観点のギャップを埋めた後に、さらに『幹部社員の仕事とは』を説いていく。多くの幹部社員は、幹部社員とはどんな仕事をすべきかを知らずに会社の事情に合わせて出世をして現在の地位にいることが多い。社員数の少ない会社は、通常業務に追われていることが多いため、そのような概念的なことを教える時間はなかなかない。

幹部養成塾に参加することであるべき姿をはじめて知る。「社長が決定・社員が実行」「全速力で遠回りが一番の近道」「報告は耳で聴かずに目で聴く」「数字の達成と組織の発展」「真剣に部下に食わせてもらうと考える」などなどだ。

小さな会社は社長だけでは上手くいかない。幹部社員の絶大な協力があってこそ、大きく発展することができる。そのために、時間と費用のコストをかけて、社長はこの研修に送り出してくれた。その想いももちろん代弁して本人たちに伝えた。人によっては自分の月給以上の研修費だ。それだけ社長があなたに期待している証しだと伝えた。

私自身は、再現性のあるもの以外興味を持たない性格。しかし、再現性の有無ではなく、人の心を揺さぶるために、魂の言葉をぶつけてでも、成し遂げないといけないことがある。それが経営の醍醐味だと思っているし、浪漫だと思っている。

社員を抱えて経営をする以上、大きなことを成し遂げたいものだ。そのためには社長1人でできることは、本当に限られている。この指とまれの指にとまった社員たちと一緒に、ぜひ、大きな存在感のあることをやり遂げて欲しいものであると日々考えている。

この記事を書いた人

金村 秀一

金村 秀一

100年塾塾長・社長コンサルタント

社員数30人以下のヒト・モノ・カネの悩みを解決するための成功し続ける社長の経営塾”100年塾”を主宰。

経営塾”100年塾”は、飲食業界に関わらず、様々な業界の社長が全国各地から参加している。経営計画書・環境整備・斜めの関係という再現性の高い道具を使って、社員がイキイキと働きながら、社長の決定をすぐに実行する、高収益体質の会社づくりをサポート、生産性が高い強い経営ができる。

個別経営相談のご依頼はこちら

金村との1対1の個別経営相談のご依頼を受け付けております。

ご相談内容の例

  • 売上アップや利益アップなど収益面でお悩みの方
  • 社内の見える化や仕組み化を導入・推進したい方
  • 社長の決定がなかなか実行されずお悩みの方
  • 社内のコミュニケーションを円滑にしたい方
  • 銀行からの融資など資金調達でお悩みの方
  • 成功し続けるための経営計画書・環境整備を詳しく聞きたい方

このようなお悩みをお持ちの方はもちろん、「どうしたらもっと上手く経営できるのか?」など、お悩みがはっきりされていない方でも大丈夫です。しっかりとヒアリングをさせていただき、やるべき課題を明らかにしていきます。

費用は、30分間27,000円 (25,000円+税) です。

来社・電話・ZOOM(テレビ会議)などでの相談が可能ですので、距離の制限を受けることなく全国どこからでも、金村に直接経営相談をすることができます。ぜひ、お気軽にご相談ください。

受付スケジュール

個別経営相談の受付スケジュールはこちらのカレンダーをご確認ください

お申し込み

お申込みはこちらのお申し込みフォームからお願いします。

お申し込みはこちら