環境整備導入プログラム@東京に行ってきました

金村
東京にある塾生企業で環境整備導入プログラム研修が行われました。

東京にある製本業を経営する会社で環境整備導入プログラムが行われました。

第1弾として本社から行い、本社は見違えるように環境が変わりました。

その第2弾として、いよいよ製本工場の環境整備がはじまりました。

総勢50人を超える工場の社員・スタッフと会社の役員の方にも全員お越し頂きました。

この環境整備の導入を決定した責任者は、

本当に成功するのかという緊張感のあまり寝れなかったと話をしています。

でも、私自身は至って冷静でした。

なぜなら、必ず伝える。必ず解ってもらう。解ってもらうまで説明する。

と覚悟が決まっていたからです。

▲創業100年を迎える工場が社員たちの手で改革が進む

ノウハウやテクニックでは人のココロは動きません。

結局最後は、エネルギー(熱量)であり、想いでココロが動きます。

午前の講義が無事に終わり、午後の現場に戻った環境整備の地図づくりでは、

工場の社員・スタッフがどんどん意見を出しながら、

自分たちの働く環境を改善していきました。

研修終了後の少人数の会食で、担当責任者と私がガッチリ握手をしたのは言うまでもありません。

大きな組織・集団がここまで動いてくれたのは会社の財産です。

次回の環境整備点検プログラムで訪問する10月末ごろには

工場がどのように社員・スタッフたちの手で変化・改善しているか今から楽しみです。

ありがとうございました!

 

金村秀一公式メルマガ

『ブログには書けない本音トークをメルマガでお届けします!』

               

匿名でブログの感想を送信する

この記事を書いた人

金村 秀一

金村 秀一

100年塾塾長・社長コンサルタント

社員数30人以下のヒト・モノ・カネの悩みを解決するための成功し続ける社長の経営塾”100年塾”を主宰。

経営塾”100年塾”は、飲食業界に関わらず、様々な業界の社長が全国各地から参加している。経営計画書・環境整備・斜めの関係という再現性の高い道具を使って、社員がイキイキと働きながら、社長の決定をすぐに実行する、高収益体質の会社づくりをサポート、生産性が高い強い経営ができる。