星野リゾートOMO7旭川を初体験・絶品の朝食は至福な時間

金村
今回の旭川出張はゆったりタイムが取れました。ここぞとばかりに星野リゾートOMO7初体験。

星野リゾートOMO7@旭川に宿泊

前日の留萌のTTPツアーズから旭川まで車で移動。

旭川で夕方から打合せ&会食があるので、それまでホテルで仕事を進めることにする。

今回のホテルは『星野リゾートOMO7@旭川』。

気になっていたホテルだっただけに、出張で久しぶりにゆっくりできることが嬉しい。

早速フロントでチェックイン。

年間の約半分を出張していていつも疑問に思うことがある。

それは、ホテルのチャックインのフロント業務に無駄が多いこと。

いつもどこのホテルに行っても感じてたこと。

でも、星野リゾートOMO7では、チェックインの手続きが圧倒的にシンプルにされてる。

ストレスはもちろん、疑問も浮かばない。

星野リゾートということもあって、どこで気づきをもらえるか楽しみにしてましたが、早速フロントでもらいました。

落ち着いたロビースペース

フロント前のロビースペースは、落ち着いていて広い。

どこかのおしゃれなカフェか、図書館にいるようだ。

東京とZOOM会議をやる必要があったため、できるだけ端の方に行って仕事をする。

チェックインが早かったせいか、とても静かで快適だった。

ミニカーリングなども机の上に置いてある。これは面白い。

ほとんどの机に電源もあり、打合せには最適な環境が整ってる。

もちろん部屋もシンプルで快適

部屋も広くて清潔。

デスクの上にあるインフォメーションもWi-Fiのみ。

多くのホテルでは営業色が強い資料がいくつもあるもの。

どこまでも必要最低限で、お客様目線であることがわかる。

地下1階にはサウナもあるので、好きな人にはたまらない。

旭川の有名店『居酒屋天金』で会食

打合せも無事に終了して、ホテルに荷物を置いて会食へ。

ホテルの入り口にあったハロウィーンのかぼちゃもライトアップされていた。

忙しく動いているからこそ、こういう季節感の演出は嬉しいものです。

会食で使ったお店は、地元社長のオススメの『居酒屋天金』。

18:00からの会食だったので、5分前に到着したけど店内はほぼ満席。

18:30からは予約以外はウエイティングしていた。

居酒屋だけに料理のメニューも豊富で、魚も肉もほぼなんでもある。

写真は、東京ではなかなか食べられないほっけと八角のお刺身。

どちらも脂が乗っていて新鮮さがわかる美味しさ。

塩水うにやロース肉、おしんこなどを食べたが、どれを食べてもクオリティーが高く、素直に美味しかった。

このお店に行くときは、予約をしてから行くように。

星野リゾートOMO7の贅沢な朝食

昨日までの留萌に続き、旭川の朝も冷える。

空気が冷たいせいもあって、15階の宿泊だったが、空も澄み切っていて、旭川の広い空を堪能できた。

楽しみにしていた朝食時間は朝6:00から。

5分前に到着するものの、前には20人弱の人がすでにいる。

6:00になる前に丁寧な席案内もはじまりました。

入ってすぐに目についたパンコーナー。

ご飯食の自分ですが、この演出に危うく負けることろだった。

食欲をそそる演出も、実際の朝食のクオリティーも、接客も、すべて満足いくものでした。

06:30にはウエイティングがはじまっていたので、早めに行くことを勧めます。

女性のお客様が中心でしたが、みなさん楽しそうに、幸せそうに朝食を楽しんでた。

こんな素敵な朝食を年に数回は食べたいものです。

幸せを感じる瞬間でした。

まとめ

初めての星野リゾートOMO7@旭川でしたが、期待をしっかり超えてくるあたりはさすがです。

ハードもソフトもしっかり整ってます。

さらに、案内などのソフト面が、シンプルで無駄がないことが、一番勉強になった。

良いホテルに泊まると、価格以上に勉強になるという象徴的なホテルでした。

 

金村秀一公式メルマガ

*メールアドレス
*お名前(姓)
※お名前は匿名でも登録できます。

匿名でブログの感想を送信する

この記事を書いた人

金村 秀一

金村 秀一

100年塾塾長・社長コンサルタント

社員数30人以下のヒト・モノ・カネの悩みを解決するための成功し続ける社長の経営塾”100年塾”を主宰。

経営塾”100年塾”は、飲食業界に関わらず、様々な業界の社長が全国各地から参加している。経営計画書・環境整備・斜めの関係という再現性の高い道具を使って、社員がイキイキと働きながら、社長の決定をすぐに実行する、高収益体質の会社づくりをサポート、生産性が高い強い経営ができる。