環境整備の目的は、社員のココロを整え明るい会社体質をつくること!【中小企業の社長の悩み】

金村
社員教育の方法はいくつもありますが、その中でも『環境整備』は別格です。社員教育に価値を感じられない社長たちも、『環境整備』には大きな価値を感じています。その理由をまとめてみました。

環境整備とは

環境整備とは、『仕事をやりやすくする環境を整えて備えること』です。

働く社員たちが自らの手で、自分たちが働く環境を整えることができる。

その結果、モノの整理が進み、整頓が進むことで生産性が上がり、清潔が定着することで実行力が上がります。

環境整備の目的

では、そもそも、何のために、環境整備を社内に導入するのでしょうか?

実は、社内の環境を整えるためではありません。

環境整備の目的は、『働く社員たちのココロを整えること』

本来、社長は、働く社員たちのココロを整えたいと考えています。

同じ価値観で、同じ方向に向かって、進み続ける組織でありたいと強く願ってます。

社員のココロの整え方

しかし、ココロを見たことがある人は、社長をはじめ、誰もいません。

さらに、ココロとはとても不安定で、安定させることが難しいものです。

人間は五感の中の視覚から、83%情報を収集しています。

ですから、人は目の前の目に見えるものから、影響をとても受けやすいのです。

目に映るモノを整えることは、社員のココロを整えることに通じる。

このような考えのもと、50年以上、半世紀以上も前に一倉定先生によって考案されたもの、それが『環境整備』なのです。

環境整備の生みの親、一倉先生の言葉

また、一倉先生は環境整備について、このように書き残されています。

環境整備こそ、すべての事業活動の原点であり、環境整備のないところに、会社の成功や繁栄はありえない。

10カラットのダイヤモンドがゴロゴロと転がっている宝の山に入り、誰でも自由にこれを拾っていいのに、これを拾い上げようとしないようなもの。とても奇妙で仕方がない。

環境整備がもたらした変化

金村の会社でも2006年1月から環境整備を実践して、成功し続けるために必要な、強い社風ができあがりました。

個人レベル、会社レベルでも以下のような成長が見られます。

個人レベルの変化

【 個人レベル 】
①礼儀正しくなる
②自分に自信がつく
③積極的になる
④感性が磨かれる
⑤仕事の能力が高まる
⑥発想力が良くなる
⑦人に優しくなれる

会社レベルの変化

【 会社レベル 】
①あらゆる無駄がなくなる
②安全性がアップする
③生産性がアップする
④スピードがアップする
⑤品質が向上する
⑥お客様満足度がアップする
⑦社員満足度がアップする

まとめ

環境整備は、社内のあらゆる無駄をなくし、社員を人材から人財に変え、組織全体の一体感が強化され、会社の成長速度が加速させます。

そして、結果として、一時的な成功や繁栄ではなく、負けない会社体質ができあがる。

そしてなによりも、環境整備はモノを明るくするだけではなく、働く人のココロもピカピカにしてくれる

働き方改革が叫ばれる今、この『働く人のココロをピカピカにしてくれる』ことこそが一番の価値とも言える。

豪華6大特典つき!『超・実践経営セミナー』

【 全国7都市で開催! 】札幌・長野・埼玉・名古屋・大阪・広島・福岡
社長の悩みは尽きないもの。
ヒト・モノ・カネのそんな悩みごとや困りごとを解決する内容が盛りだくさん!
100年塾塾長の金村があなたの街で『超・実践経営セミナー』を開催します!
豪華6大特典つき+破格の参加費です。ぜひ、気軽にご参加ください。

100年塾 21期生募集開始【先着5社限定】

社員数30人以下の成功し続ける社長のための経営塾『100年塾』の21期生(9月生)の募集がスタートしました!

『経営計画書』『環境整備』『斜めの関係』の会社を強い体質に変える3つの仕組みを使って、たった16週間という短期間で、社長が変わり、社員が変わり、そして、潰れない会社体質を手にすることができます。

100年塾に参加しているお客様の満足度は、驚異の92.6%の小さな会社の社長のための経営塾です。ぜひ、一度その理由を下記からご覧ください。

この記事を書いた人

金村 秀一

金村 秀一

100年塾塾長・社長コンサルタント

社員数30人以下のヒト・モノ・カネの悩みを解決するための成功し続ける社長の経営塾”100年塾”を主宰。

経営塾”100年塾”は、飲食業界に関わらず、様々な業界の社長が全国各地から参加している。経営計画書・環境整備・斜めの関係という再現性の高い道具を使って、社員がイキイキと働きながら、社長の決定をすぐに実行する、高収益体質の会社づくりをサポート、生産性が高い強い経営ができる。