Apple Watch3|NIKE+RUN CLUBの画面表示切り替え方法【ペース・距離・時間】

経営塾の社長仲間とランニングを楽しんでいる。6月の千歳マラソンと11月の富士山マラソンの2大会でフルマラソンに挑戦している。その社長たちと会食をしている時に、こんな話題になった。

 

A社長
Apple Watch3いいんだけど、走っている時の画面が見にくいんだよねぇ。ペースが一番大きく表示できないかなぁ。ガーミンみたいに選べればいいのに。。。

 

確かにわかります!私自身もApple Watch3を購入して、一番気になったのが画面表示。マラソン大会に向けて練習している人が気になる数字は実は『距離』よりも『時間』よりも、『ペース』を気にして練習している人が多くいる。私自身も一番気にしながら走っているのはペースです。

これはフルマラソン42.195kmを完走するためには、自分のペースで気持ちよくどこまで走れるかが重要になってくるため、ペースを意識して走る人が多いのだろう。

私はApple Watch3を購入する前までは、ガーミンのForeAthlete735XTJを愛用していた。この735は走っている時の画面表示をカスタマイズすることができる。自分が気になるペース、時間、距離をどこに表示するかを選ぶことができる。

でも、ガーミン735からApple Watch3に乗り換えてから、満足はして使ってはいたものの、画面表示だけは「これぐらいは設定で、なんとかならないものだろうか?」と思っていた。そんなことが過去にあったこともあって、今回その社長から同じ質問があったのでブログで紹介することにした。

 

Apple Watch3を身につけてNIKE+RUN CLUBを立ち上げ、走り始めると画面には以下の画面が表示される。

左上に脈拍、右上に時計、中央に距離、左下にペース、右下に走行時間が表示される。フルマラソンでは距離はコース上に書いてあることもあり、それほど重要視していない。そのようなこともあり、一番気にならない数字がメインにあることが気になっていた。

この基本画面が表示されている状態で、Apple Watch3に付いているデジタルクラウンを上にくるくる回してみる。すると画面が以下のようにペースがメインとした画面表示に切り替わる。

さらに、デジタルクラウンを上にくるくる回すと、以下の画面のように走行時間をメインとした画面表示に切り替わる。

これでApple Watch3で気になっていた画面表示方法はクリアしたことになる。あとは自分が気になる数字をメインに表示させて日々のランニングを楽しむだけ。より見やすくなったことでさらにApple Watch3が好きになることに間違いはない。

この記事を書いた人

金村 秀一

金村 秀一

100年塾塾長・社長コンサルタント

社員数30人以下のヒト・モノ・カネの悩みを解決するためにの成功し続ける社長の経営塾”100年塾”を主宰。

経営塾”100年塾”は、飲食業界に関わらず、様々な業界の社長が全国各地から参加している。経営計画書・環境整備・斜めの関係という再現性の高い道具を使って、社員がイキイキと働きながら、社長の決定をすぐに実行する、高収益体質の会社づくりをサポート、生産性が高い強い経営ができる。

個別経営相談のご依頼はこちら

金村との1対1の個別経営相談のご依頼を受け付けております。

ご相談内容の例

  • 売上アップや利益アップなど収益面でお悩みの方
  • 社内の見える化や仕組み化を導入・推進したい方
  • 社長の決定がなかなか実行されずお悩みの方
  • 社内のコミュニケーションを円滑にしたい方
  • 銀行からの融資など資金調達でお悩みの方
  • 成功し続けるための経営計画書・環境整備を詳しく聞きたい方

このようなお悩みをお持ちの方はもちろん、「どうしたらもっと上手く経営できるのか?」など、お悩みがはっきりされていない方でも大丈夫です。しっかりとヒアリングをさせていただき、やるべき課題を明らかにしていきます。

費用は、30分間27,000円 (25,000円+税) です。

来社・電話・ZOOM(テレビ会議)などでの相談が可能ですので、距離の制限を受けることなく全国どこからでも、金村に直接経営相談をすることができます。ぜひ、お気軽にご相談ください。

受付スケジュール

個別経営相談の受付スケジュールはこちらのカレンダーをご確認ください

お申し込み

お申込みはこちらのお申し込みフォームからお願いします。

お申し込みはこちら