社内の抵抗勢力を振り向かせるためには、これまでの『アタリマエの基準』を変えること

会社という組織はとても不思議なものです。なぜなら、会社のトップである社長が第一党の与党ではなく野党になることがしばしばあるからです。そのような会社には以下のような抵抗勢力も存在するものです。

新しいことをやりたがらない抵抗勢力。
これまでの既得権益を守りたがる反対勢力。
いくら旗を振れど踊らない無関心勢力。

社内にはこのような色々な勢力があるものです。特に社員数が30名を超えてくるようなある程度の規模の組織であれば、一定数存在するものです。

人は説得されようとすると抵抗したくなる動物です。でも、納得をすると主体的に考えて動きはじめる動物でもあります。

抵抗する社員を動かそうとして、社長が理論武装をして説得にかかることがありますが、実は理論で説得にかかるよりもその新たな取り組みをすることで、その先にどんなことが起こるかを見せてあげることが重要となります。

目的をハッキリさせてあげることです。目の前のコトを実行することで未来がどのようになるのか。

その未来を想像できるくらいに伝えてあげるこです。伝える続けることです。改善された後の未来のイメージが湧かないから社員はピンと来ません。だから実は良いとも悪いとも言えないのです。

さらにもともと人とは、その変化によって得られることよりも、その変化によって失われるであろうことを恐れているのです。その結果、抵抗・反対・無関心勢力の社員たちは、協力的な態度が取れなくなっています。

社員数の少ない職場で、外部との接点も少ないような環境では、そのような心理状態になることがむしろ普通です。だから、私たち社長は未知なものに対する恐怖心を取り除き、改革した未来をイメージさせるプロセスを欠かさないことです。

社長が会社改革を行う時には、一人でも多くの理解者を増やしていくことが大切です。そのためにも、上記の人間心理を理解しながら進めていくことが重要になります。

あともう一つ、3大勢力にとても有効な方法をお伝えします。それは斜めの関係を使って「アタリマエの基準」を変えることです。

もともと社内には、上司・部下の縦の関係と同僚・同期の横の関係が存在します。

会社の仲間と使う時間は、実は家で家族と使う時間よりも長い間一緒にいます。このようなこともあり、いつの間にか家族同様、身内のような感覚になりがちです。

「身内からの評価は低い」といった奥様方からの旦那さんの評価がなかなか厳しいものがあるのと同様に、社員からの社長の評価、社長からの社員の評価もなかなか厳しくなることが多い。

このような環境の中では、なかなか素直になれないものです。これは仕方がありません。

しかし、そのままの環境を続けることで、社長の決定が実行に移されるスピードは徐々に遅くなって行きます。さらに、何も手を打たないことで3大勢力の構成員になってしまうこともあります。

組織の中でこのような事実がどの会社でも起こりうることを社長が理解しさえしていれば、対策を打てばいいだけです。

小さな組織の中の縦と横の関係だとそのような結果になってしまう可能性が高いわけですから、”斜めの関係”を使うことで結果を変えることができます。ここで言う斜めの関係とは、他社の社長や社員といった第3者のことです。

しかし、関係性が薄い第3者から何か言われても、聞き流されてしまうことが普通ですし、決して心に刺さることはないでしょう。時間とコストの無駄に終わります。

ですから、”斜めの関係”の第3者には同じ業種や同じ取り組みをしているなど、共通点があることが前提となります。

100年塾では、経営計画書をはじめ、環境整備やサンクスカードなど塾生企業が同じ取組みをしていることもあり、勉強会に社員と参加することで他社の社長や社員と交流することになり、そこで”斜めの関係”で刺激を受けます。

これを何度繰り返すことで、社内だけでずっと仕事をしていたために視野も考え方も狭くなっていた考え方が、ゆっくりと変化していきます。

「アタリマエの基準」が変わった瞬間です。

ここで説明したような”斜めの関係”などを上手く活用することが、社長がやるべき社内改革を加速させます。

3大勢力の社員たちを社長と同じ方向に向いてもらうには、いつでも最初は社長の力仕事となります。これまで数年、十数年、数十年かけて3大勢力に育ててしまったのも社長です。本来は、育てた時間をかけて修復していくものです。

ですから、決して急がずに、諦めずに、”斜めの関係”などをフル活用しながら未来を良くするための協力要請を続け振り向いてもらうことです。

振り向き協力をしてくれるようになった元3大勢力の社員たちは、その後の社長を必ず支えてくれるはずです。

そもそも実力はある社員たちなんですから。

この記事を書いた人

金村 秀一

金村 秀一

100年塾塾長・社長コンサルタント

社員数30人以下のヒト・モノ・カネの悩みを解決するためにの成功し続ける社長の経営塾”100年塾”を主宰。

経営塾”100年塾”は、飲食業界に関わらず、様々な業界の社長が全国各地から参加している。経営計画書・環境整備・斜めの関係という再現性の高い道具を使って、社員がイキイキと働きながら、社長の決定をすぐに実行する、高収益体質の会社づくりをサポート、生産性が高い強い経営ができる。

個別経営相談のご依頼はこちら

金村との1対1の個別経営相談のご依頼を受け付けております。

ご相談内容の例

  • 売上アップや利益アップなど収益面でお悩みの方
  • 社内の見える化や仕組み化を導入・推進したい方
  • 社長の決定がなかなか実行されずお悩みの方
  • 社内のコミュニケーションを円滑にしたい方
  • 銀行からの融資など資金調達でお悩みの方
  • 成功し続けるための経営計画書・環境整備を詳しく聞きたい方

このようなお悩みをお持ちの方はもちろん、「どうしたらもっと上手く経営できるのか?」など、お悩みがはっきりされていない方でも大丈夫です。しっかりとヒアリングをさせていただき、やるべき課題を明らかにしていきます。

費用は、30分間27,000円 (25,000円+税) です。

来社・電話・ZOOM(テレビ会議)などでの相談が可能ですので、距離の制限を受けることなく全国どこからでも、金村に直接経営相談をすることができます。ぜひ、お気軽にご相談ください。

受付スケジュール

個別経営相談の受付スケジュールはこちらのカレンダーをご確認ください

お申し込み

お申込みはこちらのお申し込みフォームからお願いします。

お申し込みはこちら