その割引値引は経営方針に合っているのか?売上10%ダウンした会社の行方【2】

”社長がひとりで頑張る”ワンマン経営から
”社員が自然と動き出す”サイクル経営へ

『100年塾』塾長の金村秀一です。 

売上が10%ダウンした
会社の行方【2】

前回(その割引値引は経営方針に合っているのか?売上10%ダウンした会社の行方【1】)の続きとなります。

この会社の売上が
540万円に10%減少した時、
営業利益にどのような影響を
与えるでしょうか?

『売上=お客様数×客単価』ですから、
売上が10%下がるということは、
お客様数客単価の減少分を
掛け合わせた数字が10%低いこととなります。

ここで、
①お客様数が10%減少したケース
②客単価が10%減少したケース
見ていきます。

①お客様数が10%減少したケースでは、
 お客様数が10%減少して27となりました。

この数字に客単価20を掛けることで
売上は540万円となります。

この場合は、
お客様数だけが減少しているので、
その減少分に比例して
売上・変動費・粗利益も
一緒に減少します。

固定費は変わりませんから、
このときの営業利益は、
60万円から70%ダウンした
18万円となります。

お客様数が10%減少すると
営業利益を70%押し下げる

影響を与えることがわかります。

次に、②客単価が
10%減少したケース
を見ていきます。

お客様数は変わらずに
10%の割引キャンペーンを行ったため、
単価が20から18に減少しました。

これはあくまでも
店頭で実施した値引きですから、
その商品をつくるために
かかった原価は変わりません。

売上は540万円と10%減少し、
原価は180万円、
粗利益は360万円となります。

先ほどと同じように
固定費は変わりませんから、
このときの営業利益は0円と
なってしまいます。

この店舗Aのケースでは、
客単価を10%減少すると
営業利益は100%ダウン。
ゼロになる

ことがわかります。

これらのように
売上が10%減少することで、
営業利益には大きな影響を
与えることがわかりました。

特に割引・値引きは
たった10%行うだけで、
営業利益がそれ以上に減る事実を
全社員が認識する必要があります。

『打つ手は無限』です。

値引き・割引の概念を頭から捨てて
数字を改善する取り組みをすると
決定することから全てははじまります。

売上が10%減ると
利益はゼロになる。
この事実を把握する。

★☆★今日の仕事ができる人の心得★☆★

【 商品価格 】

最初に売り出された価格が半値になる。

しばらくするとその8掛になり、

最後はさらに2割引になる。

100円の品が32円になっても

利益が出せる商品が生き残る。

この記事を書いた人

金村 秀一

金村 秀一

100年塾塾長・社長コンサルタント

社員数30人以下のヒト・モノ・カネの悩みを解決するための成功し続ける社長の経営塾”100年塾”を主宰。

経営塾”100年塾”は、飲食業界に関わらず、様々な業界の社長が全国各地から参加している。経営計画書・環境整備・斜めの関係という再現性の高い道具を使って、社員がイキイキと働きながら、社長の決定をすぐに実行する、高収益体質の会社づくりをサポート、生産性が高い強い経営ができる。

個別経営相談のご依頼はこちら

金村との1対1の個別経営相談のご依頼を受け付けております。

ご相談内容の例

  • 売上アップや利益アップなど収益面でお悩みの方
  • 社内の見える化や仕組み化を導入・推進したい方
  • 社長の決定がなかなか実行されずお悩みの方
  • 社内のコミュニケーションを円滑にしたい方
  • 銀行からの融資など資金調達でお悩みの方
  • 成功し続けるための経営計画書・環境整備を詳しく聞きたい方

このようなお悩みをお持ちの方はもちろん、「どうしたらもっと上手く経営できるのか?」など、お悩みがはっきりされていない方でも大丈夫です。しっかりとヒアリングをさせていただき、やるべき課題を明らかにしていきます。

費用は、30分間27,000円 (25,000円+税) です。

来社・電話・ZOOM(テレビ会議)などでの相談が可能ですので、距離の制限を受けることなく全国どこからでも、金村に直接経営相談をすることができます。ぜひ、お気軽にご相談ください。

受付スケジュール

個別経営相談の受付スケジュールはこちらのカレンダーをご確認ください

お申し込み

お申込みはこちらのお申し込みフォームからお願いします。

お申し込みはこちら