運がいい人にさらに『運』が引き寄せられる理由。

金村
これまで500人を超える社長を見ていると、ある理不尽なことに気づきます。良いことや運が、同じ人にばかりやってくるように見えることです。これは単なる偶然でも、気のせいでもなく、実は、科学的な実験で証明されていることなのです。

ある実験が行われました

『サバイバークラブ』という書籍に、ある実験が解説されています。
実験の参加者に新聞を渡して、『全体の紙面に写真が何枚あるか?』を数えさせる実験です。
実験は、どれくらいの時間で終わるかストップウォッチで時間が計られます。
物の数秒で作業を終える人もいれば、2、3分かかる人もいます。
この違いは、その人の数える速さに関係あるのではありません。
秘密は、新聞の第2面に大きく掲載されたメッセージにあります。
『数えるのをやめなさい。この新聞には、43枚の写真があります。』
驚くべきことに、第2面に大きく掲げられたこの見出しを多くの人は見逃します。
写真を数えるのに夢中で、文字に気がつかないためです。

機会(チャンス)に気づき反応できるかどうか

この実験は、自分の周囲で起こるランダムなチャンスに反応できる人か、そうでないかを図ることが目的だったのです。
ランダムなチャンスに反応できる人は、『運がいい人』と言われます。
偶然の機会を見逃してしまう人は、『不運な人』と言われます。
この実験には、もう一つ大きく書かれたメッセージがありました。
『数えるのをやめて、この文字を見たと実験者に言えば、あなたは250ドルもらえます!』
ここでも、『不運な人』たちは、写真を数えるのに熱中しています。
メッセージを見もせず、250ドルを手に入れるチャンスを失うのです。
対照的に、『運がいい人』たちは、このチャンスに目を留め、賞金を手に入れています。

スタンスの違いで結果は大きく変わる

『運がいい人』たちは、いつでもゆったりと構えて、人生の可能性をオープンに受け入れています。
『不運な人』たちは、ぴんと張り詰め、言われたことだけに閉じこもりがちなのです。
このように、運がいいことが、同じ人に繰り返しやってくるのには、明確な理由があったのです。

『時間効率』よりも『機会効率』を重視する

現在の目の前の作業に囚われずに、未来のチャンスに目を開いでおく。
つまり『時間効率』ではなく、『機会効率』で考えているのです。
『運がいい人』は、『時間効率』で物事を見ていません。
『運がいい人』は、『機会効率』で物事を見ています。

『機会効率』のレバレッジを最大化にする

機会を探し、機会を活かすことを、計画の中心に据えるものがチャンスをつかんでいるのです。
『時間効率』のレバレッジは、実は微々たるものです。
『機会効率』のレバレッジは、時に人の想像をはるかに超える巨大なものになるのです。
人生を『時間効率』ではなく、『機会効率』で考えると幸運は一気に回りはじめるのです。

整っている人が優れた機会を手に入れる

このように『時間効率』を意識した努力よりも、『機会効率』を重視した機会の大きさで成果は大きくなります。
ここでもう1つ知っておくべき事実があります。
それは『大きな勝利の90%は、あなた以外の要素で決まる』ことです。
『個人的な努力』よりも、『外部の機会活用』こそが大きな差を生み出すということです。
ですから、『優れた機会の発見』が何より重要なのです。
そして、次に、その『機会』を確実に摘み取ることが大切なのです。
常に、心を整え、力を蓄えながら、最高の機会に備える。
準備がしっかり整っている人が、最終的に『優れた機会』を掴むのです。

豪華6大特典つき!『超・実践経営セミナー』

【 全国7都市で開催! 】札幌・長野・埼玉・名古屋・大阪・広島・福岡
社長の悩みは尽きないもの。
ヒト・モノ・カネのそんな悩みごとや困りごとを解決する内容が盛りだくさん!
100年塾塾長の金村があなたの街で『超・実践経営セミナー』を開催します!
豪華6大特典つき+破格の参加費です。ぜひ、気軽にご参加ください。

100年塾 21期生募集開始【先着5社限定】

社員数30人以下の成功し続ける社長のための経営塾『100年塾』の21期生(9月生)の募集がスタートしました!

『経営計画書』『環境整備』『斜めの関係』の会社を強い体質に変える3つの仕組みを使って、たった16週間という短期間で、社長が変わり、社員が変わり、そして、潰れない会社体質を手にすることができます。

100年塾に参加しているお客様の満足度は、驚異の92.6%の小さな会社の社長のための経営塾です。ぜひ、一度その理由を下記からご覧ください。

この記事を書いた人

金村 秀一

金村 秀一

100年塾塾長・社長コンサルタント

社員数30人以下のヒト・モノ・カネの悩みを解決するための成功し続ける社長の経営塾”100年塾”を主宰。

経営塾”100年塾”は、飲食業界に関わらず、様々な業界の社長が全国各地から参加している。経営計画書・環境整備・斜めの関係という再現性の高い道具を使って、社員がイキイキと働きながら、社長の決定をすぐに実行する、高収益体質の会社づくりをサポート、生産性が高い強い経営ができる。