セミナーで学んだことは即実践しないと成果は出ない

今日から新しい挑戦がはじまった。

来期の経営計画に

新しいプロジェクトを加えた。

昨日24日のクリスマスイブに

あるメンターと契約をした。

覚悟を持った、徹底した大量行動を

2018年にするためだ。

約1時間ほど、

今回のゴールや考えていることを

お互いに共有した。

思考特性が一緒のせいか、

話をしていて違和感を感じない。

考えていることが言葉として現れため、

思考が似ていることは重要だと考えている。

打合せもそろそろ終わろうとした時、

メンターから課題が与えられた。

メン:「金村さん、ブログのタイトルを100個考えてください」

金村:「はい。わかりました」

とは回答はしたものの、内心は

「出た!」「苦手なやつだ」「マジか」

と思っていた。

でも、

覚悟を持って徹底すると

決定をした以上、

僕の答えは「はい」か「YES」しかない。

セミナーや勉強会などでも、

同じようなことはどこでも起こる。

無料または有料で、

大切な時間を使って

参加しているにも関わらず、

「いいことを知った」で

終わっている人が多いこと。

知っただけでは何も変わらない。

知識と行動が伴うことで

はじめて結果が出る。

先生である人が

「○○をしてください」

と言っているのに、

「それは違う」「できない」

などと言ってやらない人がいる。

もし、やらないのであれば、

時間と費用(最低でも交通費はかかる)

が無駄になるからいかないほうがいい。

また、こういう類の人を見るたびに、

人は自分が考えていたことを

再確認するために、

セミナーや勉強会に

参加していることがわかる。

つまり「やっぱりそうだよね!」

を確認するためにだ。

このように何かを学んでも

何も実践しない人たちを

多く見てきたこと。

逆に、

何か学んだことを即実践して

成果を出している人も

多く見てきたこと。

こんな経験があるからこそ、

僕はいつも答えを

「はい」か「YES」で決めている。

来年もまた、新たな挑戦がはじまる。

金村秀一公式メルマガ

*メールアドレス
*お名前(姓)
※お名前は匿名でも登録できます。

匿名でブログの感想を送信する

この記事を書いた人

金村 秀一

金村 秀一

100年塾塾長・社長コンサルタント

社員数30人以下のヒト・モノ・カネの悩みを解決するための成功し続ける社長の経営塾”100年塾”を主宰。

経営塾”100年塾”は、飲食業界に関わらず、様々な業界の社長が全国各地から参加している。経営計画書・環境整備・斜めの関係という再現性の高い道具を使って、社員がイキイキと働きながら、社長の決定をすぐに実行する、高収益体質の会社づくりをサポート、生産性が高い強い経営ができる。