経営の相談を誰にするかで会社の未来は大きく変わる

事業が一度不振になって、事業再生計画を立てて、事業を再構築するというのは、地道な作業です。

資金繰りについての相談も含めてですが、社長の心が折れそうな気持ちになることは珍しくありません。

『もうだめかもしれません』

なんて言葉が出ることもあります。

 

しかし、やりくりを社長と2人で話し合いながら考えてみると、なんとかなるものなのです。

心に余裕がないと視野が狭くなります。

苦しい時を何回か乗り越えて、再生が上手く生きはじめると、なんとなく運が上向いてくる気がします。

確かに、時には、辛い仕事をしなければなりません。

場合によっては人員削減も、進めなければなりません。

大企業と違い中小企業は、社員一人一人の生活状況まで知っています。

退職を促すには忍びない事情を抱えている社員さんもいます。

経営者の心労。

それを発散する方法をうまく見つけることが大事です。

 

仕事が順調な時はストレスなんて、考えもしないでしょうが、

経営が厳しくなると資金繰りのほか、もし倒産したらどうなるのかなどの、

悲観的な考えも頭をもたげてきてしまうのは、仕方のないことです。

 

『現実の恐怖は、心に描くほど怖くはない』(シェークスピア)

 

頭の中で考えた心配の多くは、心配で終わることが意外と多いのです。

私も同じ経営者として、漠然とした不安を覚えることがあります。

 

100年塾の塾生と粘り強く辛抱強く、足元と未来を見つめ一緒に頑張ります。

一緒に走っているだけで、社長の安心感は格段に変わっていきます。

再生という辛い状態に面した社長は、ぜひ相談できるパートナーを見つけて欲しいと切に思います。

 

再生とは『今までダメだったものをよくする』ことであり、それにはかなりの痛みを伴います。

何度もお伝えしてきた通り、大切なのは『執念』や『絶対に乗り切る』という諦めない強い想いです。

達人のようなことができなくとも、『必ず再生する』『執念』『折れない心』があれば、

しっかりと利益の出る会社になれるのです。

心を折れさせない、良き相談相手を見つける。

金村秀一公式メルマガ

『ブログには書けない本音トークをメルマガでお届けします!』

               

匿名でブログの感想を送信する

この記事を書いた人

金村 秀一

金村 秀一

100年塾塾長・社長コンサルタント

社員数30人以下のヒト・モノ・カネの悩みを解決するための成功し続ける社長の経営塾”100年塾”を主宰。

経営塾”100年塾”は、飲食業界に関わらず、様々な業界の社長が全国各地から参加している。経営計画書・環境整備・斜めの関係という再現性の高い道具を使って、社員がイキイキと働きながら、社長の決定をすぐに実行する、高収益体質の会社づくりをサポート、生産性が高い強い経営ができる。