すぐに実行するために3つのことを決定する

”社長がひとりで頑張る”ワンマン経営から
”社員が自然と動き出す”サイクル経営へ

『100年塾』塾長の金村秀一です。

すぐに実行するために
3つのことを決定する

昨日までのメルマガで、
社長が決定したことを
なぜすぐに実行する必要があるのか
その理由をお伝えしてきました。

これまですぐに実行していなかった人が
理由がわかったからといって
すぐに動けることはありません。

社長の決定に抵抗している間に
すぐに実行することが
下手になっているからなのです。

ですから、ここで改めて
『すぐ実行する』
やり方を教える必要があります。

『すぐ実行する』とは
以下の3つを決定することです。

①明確なゴールを決める
②担当者を決める
③スケジュールを決める

【①明確なゴールを決める】

仕事のゴールが明確でない、
依頼の内容が悪いと
仕事の出来や回答も悪くなります。

特に依頼した人と依頼された人、
この2人のコミュニケーションが
上手くできていないと
仕事の結果がズレることがよくあります。

ズレの原因は『解釈』です。

解釈で仕事をし続けることで
研ぎ澄まされた優れた成果を
上げることは難しくなります。

ですから依頼する人が、
欲しい結果をしっかり伝える。

このことがとても重要になってきます。

明確なゴール(目標)ですから、
感覚ではなく、数字で求めると
解釈のズレは無くなっていきます。

【②担当者を決める】

担当者の決め方にもあるけど自動であきさん
いろいろな方法があります。

今回の仕事は、
緊急性を要するのか?
重要性が高いのか?
時間的余裕が多いのか?
このようなことを考えながら
誰に頼むべきかを決定します。

もし、重要度が高く、
緊急性もある仕事だとすると
必ず仕事ができる人にいくはずです。

仕事とは、もともと、
仕事ができる人に集まる傾向があります。

しかし、こればかりを続けていては、
組織の発展はなかなか望めません。

ですから、仕事の性質を考えた上で、
誰に任せるかを決定する必要があります。

もちろん、新人に任せてわざと失敗させ
成長させるような方法を取ることも
一つの手段です。

【③スケジュールを決める】

スケジュールは基本的に、
最大7日間とすることです。

7日間以上のスケジュールとなると
スケジュール管理という
また別の能力が必要となるからです。

ですから、仕事の大小に関係なく
7日間で可能なサイズまで
仕事を細分化してから依頼します。

社長の決定をすぐに実行するために
①明確なゴールを決める
②担当者を決める
③スケジュールを決める

この3つを決定することで、
決定が実行にはじめて移されることになります。

すぐ実行するためにも
練習・訓練が重要。

★☆★今日の仕事ができる人の心得★☆★

【 思い切り 】

今までの成功体験や考え方を捨てて、

新しい方針を全力で実行することです。

こだわりが長くなればなるほど、

思い切りが悪くなる。

豪華6大特典つき!『超・実践経営セミナー』

【 全国7都市で開催! 】札幌・長野・埼玉・名古屋・大阪・広島・福岡
社長の悩みは尽きないもの。
ヒト・モノ・カネのそんな悩みごとや困りごとを解決する内容が盛りだくさん!
100年塾塾長の金村があなたの街で『超・実践経営セミナー』を開催します!
豪華6大特典つき+破格の参加費です。ぜひ、気軽にご参加ください。

合同勉強会2019@加賀屋

加賀屋とは、『プロが選ぶ日本のホテル旅館100選』で、なんと1980年から2015年まで36年間連続で1位に選ばれている旅館。

さらに、その歴史は古く、日本で初めて世界農業遺産に認定された石川県能登半島で、創業112年もの間、多くの旅人を迎えてきた名旅館でもあります。

そんな『加賀屋ホテル』にお伺いして、座学の”講義”+館内の”見学”+宿泊の”体験”を、この合同勉強会で開催します!

100年塾 21期生募集開始【先着5社限定】

社員数30人以下の成功し続ける社長のための経営塾『100年塾』の21期生(9月生)の募集がスタートしました!

『経営計画書』『環境整備』『斜めの関係』の会社を強い体質に変える3つの仕組みを使って、たった16週間という短期間で、社長が変わり、社員が変わり、そして、潰れない会社体質を手にすることができます。

100年塾に参加しているお客様の満足度は、驚異の92.6%の小さな会社の社長のための経営塾です。ぜひ、一度その理由を下記からご覧ください。

この記事を書いた人

金村 秀一

金村 秀一

100年塾塾長・社長コンサルタント

社員数30人以下のヒト・モノ・カネの悩みを解決するための成功し続ける社長の経営塾”100年塾”を主宰。

経営塾”100年塾”は、飲食業界に関わらず、様々な業界の社長が全国各地から参加している。経営計画書・環境整備・斜めの関係という再現性の高い道具を使って、社員がイキイキと働きながら、社長の決定をすぐに実行する、高収益体質の会社づくりをサポート、生産性が高い強い経営ができる。