たった20秒の法人営業で売上を18%向上させた方法

”社長がひとりで頑張る”ワンマン経営から
”社員が自然と動き出す”サイクル経営へ

『100年塾』塾長の金村秀一です。 

たった20秒の法人営業で
売上を18%向上させた方法

販売戦略としての法人営業は、
半径200メートル以内にある
法人のオフィスに対して
年間3回訪問する計画を組みます。

目的は認知度を上げるためであって
予約をいただくことではありません。

『露出を増やして認知度を上げる』
ことが法人営業の一番の目的です。

そして、
1件訪問するのにかけていい時間は
わずか20秒です。

なんのアポもなしに、
突然、オフィスを訪問する
わけですから、
お客様にとってはすごく迷惑な話です。

そこで、ストレスを与えないように
最大時間が20秒以内となりました。

そして、この20秒の積み重ねが
多い月には店舗の総売上の
18%を占めるまでの
大きな成果を生むことになりました。

このように、
店を開けているだけであった
仕事のやり方を違った角度から見ることで、
やるべきことがまだまだ見えてくるものです。

従来通りに店にはクモの巣を張り、
お客様に満足していただける
サービスを提供する。

そこに法人営業という
ミツバチ営業をプラスすることで
より多くのお客様に
店のことを知っていただき、
来店していただける
重要な販売活動のひとつとなりました。

この法人営業、
実際にやってみると分かりますが、
なんの社員教育をしていない会社が
この販売戦略をとることは
なかなか難しいのが現実です。

そこでわが社では、既存飲食店の業績を
このような販売戦略で改善するための
業務改善アドバイスを行ったり、
飲食店オーナーから経営を
丸ごと引き受ける業務受託で成果を上げ
お客様から喜ばれています。

打つ手は無限。
業界の非常識に挑戦する。

★☆★今日の仕事ができる人の心得★☆★

【 営業活動 】

商品をお客さまに知っていただく活動です。

営業活動には計画やスケジュール管理が

欠かせません。

だからといってデスクワークは

営業本来の仕事にはなりません。

この記事を書いた人

金村 秀一

金村 秀一

100年塾塾長・社長コンサルタント

社員数30人以下のヒト・モノ・カネの悩みを解決するための成功し続ける社長の経営塾”100年塾”を主宰。

経営塾”100年塾”は、飲食業界に関わらず、様々な業界の社長が全国各地から参加している。経営計画書・環境整備・斜めの関係という再現性の高い道具を使って、社員がイキイキと働きながら、社長の決定をすぐに実行する、高収益体質の会社づくりをサポート、生産性が高い強い経営ができる。