業績アップの鍵は「 社員が理解できる数字」を使うこと

”社長がひとりで頑張る”ワンマン経営から
”社員が自然と動き出す”サイクル経営へ

『100年塾』塾長の金村秀一です。 

全員に理解できる数字で話をする。

ある会社の数字を、
マトリックス会計図で表してみました。

上の図で点線で囲われている
損益計算書の数字は、
実は社員は理解できていません。

ここで言う『理解できていない』とは、
この数字を見ても行動が起こせない。

どういう行動を取ることで、
ここの数字がどれぐらい動く
ということがわからない
という意味です。

そこで、
上の図のような数字で話することを避け
もう少し細分化した数字で話をします。

一番わかりやすいのは、
下の図で実戦で囲われている
客単価の数字・客数の数字
話をすることです。

損益計算書(P/L)とは、
この図の通り、
客単価の構造に客数をかけたものです。

そのために額が大きくなる
損益計算書の数字を使っての話をやめ
客単価と客数の数字を使って
話していくのです。

特にアルバイト・パートには、
細分化した部分の数字以外は話をしません。

損益計算書の数字を使って

『粗利益を360万円確保しなさい』

と指示をされるよりは、

『客単価の粗利益を
 2800円から3000円に
 200円増やしなさい』

と指示をされた方が
言われた社員には想像できる数字のため
打つ手が無限に広がってきます。

『もう一品おすすめしよう』
『粗利益が高い商品をおすすめしてみよう』
など、より具体的な行動ができます。

社員を動かすためには、
社員が理解できる数字で
指示することが重要なのです。

業績アップは、
『全員が理解できる数字』
があるかないかで決まる。

★☆★今日の仕事ができる人の心得★☆★

【 言葉 】

相手に自分の考えていることが

伝わって初めて言葉という。

数字を使うとわかりやすく伝わる。

たった一言が、人の心を傷つける。

たった一言が、人の心を温める。

この記事を書いた人

金村 秀一

金村 秀一

100年塾塾長・社長コンサルタント

社員数30人以下のヒト・モノ・カネの悩みを解決するための成功し続ける社長の経営塾”100年塾”を主宰。

経営塾”100年塾”は、飲食業界に関わらず、様々な業界の社長が全国各地から参加している。経営計画書・環境整備・斜めの関係という再現性の高い道具を使って、社員がイキイキと働きながら、社長の決定をすぐに実行する、高収益体質の会社づくりをサポート、生産性が高い強い経営ができる。

個別経営相談のご依頼はこちら

金村との1対1の個別経営相談のご依頼を受け付けております。

ご相談内容の例

  • 売上アップや利益アップなど収益面でお悩みの方
  • 社内の見える化や仕組み化を導入・推進したい方
  • 社長の決定がなかなか実行されずお悩みの方
  • 社内のコミュニケーションを円滑にしたい方
  • 銀行からの融資など資金調達でお悩みの方
  • 成功し続けるための経営計画書・環境整備を詳しく聞きたい方

このようなお悩みをお持ちの方はもちろん、「どうしたらもっと上手く経営できるのか?」など、お悩みがはっきりされていない方でも大丈夫です。しっかりとヒアリングをさせていただき、やるべき課題を明らかにしていきます。

費用は、30分間27,000円 (25,000円+税) です。

来社・電話・ZOOM(テレビ会議)などでの相談が可能ですので、距離の制限を受けることなく全国どこからでも、金村に直接経営相談をすることができます。ぜひ、お気軽にご相談ください。

受付スケジュール

個別経営相談の受付スケジュールはこちらのカレンダーをご確認ください

お申し込み

お申込みはこちらのお申し込みフォームからお願いします。

お申し込みはこちら