東京オリンピック2020期間中肉体改造に挑戦!

金村
東京オリンピック・パラリンピックの期間が約1ヶ月あることもあり、アスリートと一緒の体験が何かできないかと肉体改造に挑戦してみた。

東京オリンピック2020の期間中45日間肉体改造

東京オリンピック2020の開催期間が、2021年7月23日から8月8日までの17日間。

東京パラリンピック2020の開催期間が、2021年8月24日から9月5日までの13日間。

上記2つの大会の間の15日間も加えると、トータルで45日間の肉体改造期間となった。

そもそも9月6日が誕生日ということもあり、その前日にパラリンピックが終わるのも節目として有り難く、

誕生日を迎えるにあたって、新しい自分に挑戦したかったという素直な気持ちが強かった。

肉体改造の内容はシンプル

僕は何か新しいことに挑戦するときは、我流でやらないようにしている。

その道のプロに先生として指導してもらうことで、確実に成果として積み上げていきたいからだ。

『守破離』の『守』重要性を知っているのと、ただ単に成果を出すのではなく、

より大きな成果や未来の成長を加速させることに焦点を当ててます。

今回の肉体改造の内容はシンプルで、『食事を整えること』に重点を置きました。

そこで食事に精通したトレーナーに1ヶ月間アドバイスを毎日もらいながら、肉体改造を進めていきました。

『8KETO+@』肉体改造

①基本的には主食の糖質を食べない。体をケトジェニック状態にして脂肪を燃やす。

②4時間後にお腹が減る量を逆算して考えて食べる。腹6〜8分目。高タンパク低脂肪の食事。

③毎日カラダを動かす。ジムやランニングではなく、階段を使う、よく歩くなど。

④夜は飲んでもOK。僕自身妻との毎晩の晩酌は期間中もずっと継続していた。

⑤その分夜の食事は基本的にワンプレート。

今回の肉体改造で行ったことは、たったこれだけ。

肉体改造Before

トレーナーとの打合せなどもありスタートは7月25日から。

当日朝の体重の計測が96.4kg。

そのあとジムに移動して体組織計で再計測。

上記から肉体改造スタート時の各種数値はこちら。

計測日 ▷7月25日
体  重▷96.4kg
体脂肪率▷26.3%
筋肉量 ▷66.3kg
体脂肪量▷25.2kg

肉体改造After

肉体改造から約1ヶ月が経過した8月28日の体組織計の各種数値はこちら。

計測日 ▷8月28日
体  重▷89.4kg
体脂肪率▷23.5%
筋肉量 ▷64.4kg
体脂肪量▷21.0kg

肉体改造の結果

肉体改造推移
体  重▷96.4kg⇨89.4kg(▲7.0kg減)
体脂肪率▷26.3%⇨23.5%(▲2.8%ダウン)
筋肉量 ▷66.3kg⇨64.4kg(▲1.9kg減)
体脂肪量▷25.2kg⇨21.0kg(▲4.2kg減)

その後も9月5日まで肉体改造を続けた結果、

体重が87.0kgまで下がり、

結果として96.4kg⇨87.0kg(▲9.4kg減)という結果になった。

肉体改造から手に入れた財産

今回の肉体改造の結果は、ケトジェニック状態で脂肪を燃焼させて、最終的に9.4kgの減量に成功。

『10kg落ちたらいいなぁ』と淡い欲を抱いていたので、大満足の数字と言える。

ただ今回の肉体改造からの1番の収穫は何かと聞かれたら、

それは減量に成功したことではなく、年齢にあった食事スタイルを手に入れられたことだ。

トレーナーと1ヶ月間指導してもらって気づいたことは、

僕の食事が47歳としては質・量ともにバランスが悪かったということ。

量の調整からスタートして、質も整えていった。

楽しみながら進めたので、ストレスはほとんどなかったことも大きい。

食事がカラダに与える影響は大きい。

カラダをいつでも最高のコンディションにしておくためにも、

年齢にあったカラダに優しい食事のスタイルを手に入れられたことが、

今回の肉体改造から手に入れた1番の財産となった。

今回も楽しみながら、最高の結果を出すことができました。

ありがとうございます。

 

金村秀一公式メルマガ

『ブログには書けない本音トークをメルマガでお届けします!』

※匿名でもご登録できます。

匿名でブログの感想を送信する

    この記事を書いた人

    金村 秀一

    100年塾塾長・社長コンサルタント

    社員数30人以下のヒト・モノ・カネの悩みを解決するための成功し続ける社長の経営塾”100年塾”を主宰。

    経営塾”100年塾”は、飲食業界に関わらず、様々な業界の社長が全国各地から参加している。経営計画書・環境整備・斜めの関係という再現性の高い道具を使って、社員がイキイキと働きながら、社長の決定をすぐに実行する、高収益体質の会社づくりをサポート、生産性が高い強い経営ができる。