環境整備点検プログラム@上越妙高に行ってきました

金村
上越妙高にある塾生企業で環境整備点検プログラム研修が行われました。

砂利などを販売している土木業の会社で環境整備点検プログラムが行われました。

仕事のダンプの出発時間などの関係があり、

環境整備点検プログラムはじまって以来の朝6時半からのチェックとなりました。

環境整備点検は、『基準』がとても重要になってきます。

このことを理解せずに点検を行うことで、環境整備が上手くいかないことがあります。

▲トラック1台1台がテールランプレベルまで点検され、清潔がさらなる安全を生む。

実際にこの会社の社長も、

『来てもらって良かった。危うくせっかくの環境整備がダメになるところだった』

と感想を話していました。

点検したチームは全7チーム。

この暑い夏、過酷な労働環境の中、会社の方針を実行してくれている姿に感動しました。

僕以上に社長が感動していて、社員のみなさんは自信に満ち溢れていました。

強かな会社になるための『環境整備』の文化の導入おめでとうございます!

 

金村秀一公式メルマガ

『ブログには書けない本音トークをメルマガでお届けします!』

               

匿名でブログの感想を送信する

この記事を書いた人

金村 秀一

金村 秀一

100年塾塾長・社長コンサルタント

社員数30人以下のヒト・モノ・カネの悩みを解決するための成功し続ける社長の経営塾”100年塾”を主宰。

経営塾”100年塾”は、飲食業界に関わらず、様々な業界の社長が全国各地から参加している。経営計画書・環境整備・斜めの関係という再現性の高い道具を使って、社員がイキイキと働きながら、社長の決定をすぐに実行する、高収益体質の会社づくりをサポート、生産性が高い強い経営ができる。