八村塁選手がNBAで日本人初の快挙!

金村
『52週経営』の25/52WEEKSが終了。

八村選手・日本人初NBAドラフト1位指名

画像出典:ロイター

社員旅行で台湾にいる間に、待ちに待っていたビックニュースがスマホに届いた。

20日にアメリカ・ニューヨークで行われたNBAドラストで、日本代表の八村塁選手が、日本人初となる1巡目の全体9位で、ワシントン・ウィザーズから指名を受けた。

日本人初のNBA選手・田臥勇太選手も、今回の八村塁選手の1位指名を『奇跡』と話をしている。

アメリカ人だって難しいNBAのドラスト1巡目の中で、これは奇跡に近い。

これから先何十年も出てこない快挙だと思う。

さらに、ドラフトで選ばれた選手の中で唯一、ジョーダン・ブランドとの契約も果たした。

信じる力が人を強くする

中学時代からバスケをはじめたときに、恩師の坂本コーチから『お前はNBAに行くんだ』と言われた。

それ以来、その言葉を信じて努力を積み重ねてきた。

そもそも、素質はあったかもしれないが、この結果は努力のたまものと言える。

アメリカのゴンザガ大に入学した八村選手は、最初から順風満帆ではなかった。

新しい環境の中、最初は英語も話せない中、早朝からの授業、練習、筋力強化、個別学習と息つく暇もないほどの努力を重ねてきている。

その努力の甲斐もあり、八村選手は大学3年生の時に大きく開花することになる。

1年生の時は、控えからの出場が多く1試合あたりの出場時間は、わずか4.6分。得点はわずか2.6得点。

2年生の時に、チームの主力選手となり、3年生の時には、1試合あたりの出場時間は、わずか30.2分。得点は19.7得点と飛躍的な成長を遂げている。

ドラフト指名したウィザーズのシェパード副社長も、その点をこのように評価している。

遅咲きの選手。毎日練習すると聞いている。

その点は心配していない。

攻守に素晴らしい選手だ。

ゼネラルマネジャーGMのトミー氏も、こう高く評価している。

八村とはなんども会っていたけど、ウィザーズ関係者であることを隠していた。

なぜなら、相手の態度が変わってしまうから、一般人を装って接していた。

それでも八村は、毎回礼儀正しく接してくれた。

だから、最高の選手に育て上げたい。

『恩師からの言葉を信じ、夢を抱き、その夢を信じてきたからこそできた。全てはそこからはじまりました。』

と、八村選手はインタビューで話していた。

今回の若干21歳の八村選手のインタビューを聞いていて、信じることで人はここまで強く、たくましくなれるものなのだと改めて気づかさせられた。

”一族”で考えると人生の夢は広がる

父親の出身がベナン、母親の出身が日本のハーフである八村選手は、このようにも話している。

運動能力や身体能力は父から、勤勉さや中心選手としてチームの調和を図る姿勢は母から譲り受けた。

日頃から社員たちには、

『あなたが今やっていることは、あなたの世代だけでは終わらない。
次の子供の世代はもちろん、少なくても孫の世代までの一族に影響する。
だから目に見えないものを大切にして生きること、仕事をすること。』

と伝えている。

目に見えるものは、いずれ劣化するから次に引き継がれることも少ない。

でも、目に見えない考え方や環境などは、大きな流れとなり世代を超えて一族に引き継がれる。

何を信じて、どう生きるのか。

ここに人生の価値があるし、人生の楽しみでもある。

かけられた恩は石に刻む

NBAのドラフトが終了してから、中学時代の恩師の携帯に八村選手から電話が掛かってきたシーンが印象的だった。

人は上手くいっている時には、まわりにたくさんの人が寄ってくる。

だから、これまでにかけてもらった恩を忘れがちになるのが普通と言える。

そんな中、これまで自分を育ててくれた、成長させてくれた恩師たちに対し、このような報告をしている姿にも非凡さを感じる。

『かけた恩は水に流し、かけられた恩は石に刻む』

また、ひとり大和魂を持った日本人の世界での活躍がこれからはじまる。

本場NBAでの活躍はもちろん、東京オリンピックでの活躍も期待している。

八村選手のさらなる飛躍を影ながら応援している。

 

豪華6大特典つき!『超・実践経営セミナー』

【 全国7都市で開催! 】札幌・長野・埼玉・名古屋・大阪・広島・福岡
社長の悩みは尽きないもの。
ヒト・モノ・カネのそんな悩みごとや困りごとを解決する内容が盛りだくさん!
100年塾塾長の金村があなたの街で『超・実践経営セミナー』を開催します!
豪華6大特典つき+破格の参加費です。ぜひ、気軽にご参加ください。

100年塾 21期生募集開始【先着5社限定】

社員数30人以下の成功し続ける社長のための経営塾『100年塾』の21期生(9月生)の募集がスタートしました!

『経営計画書』『環境整備』『斜めの関係』の会社を強い体質に変える3つの仕組みを使って、たった16週間という短期間で、社長が変わり、社員が変わり、そして、潰れない会社体質を手にすることができます。

100年塾に参加しているお客様の満足度は、驚異の92.6%の小さな会社の社長のための経営塾です。ぜひ、一度その理由を下記からご覧ください。

この記事を書いた人

金村 秀一

金村 秀一

100年塾塾長・社長コンサルタント

社員数30人以下のヒト・モノ・カネの悩みを解決するための成功し続ける社長の経営塾”100年塾”を主宰。

経営塾”100年塾”は、飲食業界に関わらず、様々な業界の社長が全国各地から参加している。経営計画書・環境整備・斜めの関係という再現性の高い道具を使って、社員がイキイキと働きながら、社長の決定をすぐに実行する、高収益体質の会社づくりをサポート、生産性が高い強い経営ができる。