なぜ、変化を嫌うアレルギーは起こるのか?

”社長がひとりで頑張る”ワンマン経営から
”社員が自然と動き出す”サイクル経営へ

『100年塾』塾長の金村秀一です。 


なぜ、変化を嫌う
アレルギーは起こるのか?

『変化』の意味を改めて確認すると

ある状態や性質などが
他の状態や性質に変わること

と、辞書には書いてあります。

人間は生まれてきてから死に至るまで
変化し続けていることは
誰でも理解することができます。

もし、生まれたまま変化しなかったら。
なんて考える人はほとんどいません。

ですから、
変化=成長と言うことができます。

ということは、
成功し続ける社長=変化し続ける社長
と言うことができます。

でも、会社という組織は、
いったん誕生すると組織自体の存続が
最重要な命題となってしまうという
恐ろしい性質を持っています。

組織を存続させるための最重要条件は
『変化を阻止する』ことなのです。

そんな組織の暴威は、
会社の業績を低下させることなど朝飯前、
会社を潰しかねない
危険きわまりないものなのです。

会社組織とは、
お客様がいなければ、
それ自体が存続できません。

お客様の要求に応えなければ
潰れてしまいます。

そして、
お客様の要求は常に変わり続けます。

変わり続ける
お客様の要求に応えるためには、
組織自体もこれに合わせて
変わり続けなければならないのです。

変わることに
不安を持つ人が多くいますが、
本当は変わらないことが
一番不安なのです。

本当は変わることが
一番安全であり、
安心なのです。

ただ単に面倒臭いから
アレルギーになっているだけなのです。

なぜ変化を嫌うアレルギーは起こるのか?

それは・・・、
変化によって失うものは明確に見えるが、
新たに得られるものは見えないからです。

新たに得られるものを
創造できた社長だけが
変化を受け入れ変化し続けること、
すなわち、
成長し続けることができるのです。

変化によって
失うものばかりを見ていませんか?

変化によって
新たに得られるものを創造していますか?

変化によって失うものではなく
変化によって得られるものに
焦点をあてよ。

★☆★今日の仕事ができる人の心得★☆★

【 コロコロ変わる 】

この変化の激しい時代、

お客様の希望する商品・サービスを

提供できるように組織も

活動を変えなければ、

会社は成り立ちません。

お客様の要求に合わせて、

コロコロ変わることを誇りとする。

この記事を書いた人

金村 秀一

金村 秀一

100年塾塾長・社長コンサルタント

社員数30人以下のヒト・モノ・カネの悩みを解決するための成功し続ける社長の経営塾”100年塾”を主宰。

経営塾”100年塾”は、飲食業界に関わらず、様々な業界の社長が全国各地から参加している。経営計画書・環境整備・斜めの関係という再現性の高い道具を使って、社員がイキイキと働きながら、社長の決定をすぐに実行する、高収益体質の会社づくりをサポート、生産性が高い強い経営ができる。

個別経営相談のご依頼はこちら

金村との1対1の個別経営相談のご依頼を受け付けております。

ご相談内容の例

  • 売上アップや利益アップなど収益面でお悩みの方
  • 社内の見える化や仕組み化を導入・推進したい方
  • 社長の決定がなかなか実行されずお悩みの方
  • 社内のコミュニケーションを円滑にしたい方
  • 銀行からの融資など資金調達でお悩みの方
  • 成功し続けるための経営計画書・環境整備を詳しく聞きたい方

このようなお悩みをお持ちの方はもちろん、「どうしたらもっと上手く経営できるのか?」など、お悩みがはっきりされていない方でも大丈夫です。しっかりとヒアリングをさせていただき、やるべき課題を明らかにしていきます。

費用は、30分間27,000円 (25,000円+税) です。

来社・電話・ZOOM(テレビ会議)などでの相談が可能ですので、距離の制限を受けることなく全国どこからでも、金村に直接経営相談をすることができます。ぜひ、お気軽にご相談ください。

受付スケジュール

個別経営相談の受付スケジュールはこちらのカレンダーをご確認ください

お申し込み

お申込みはこちらのお申し込みフォームからお願いします。

お申し込みはこちら