社長に必要なのは”自信”であり”慢心”ではない

『このままでいい』

『このまま続くだろう』

社長がそう思った時、

その会社の凋落は始まっています。

一度、軌道に乗った会社の多くがダメになってしまうのは、

ほとんどの場合、経営者の『慢心』が原因です。

自信は持っていい。

胸を張って仕事をすることも大切です。

しかし『自信』と『慢心』は違います。

自信は、さらなる努力と成長を生みますが、

慢心は、怠惰と凋落を生みます。

慢心することは、とても楽です。

うぬぼれているのは、とても楽です。

井の中の蛙でいることは、とても楽です。

しかし、そんな状態が長く許されるほど、

市場経済は甘くありません。

甘くないからこそ、経済は発展していきます。

社会はより良くなっていきます。

だから、しんどくても、

自分の慢心と向き合いましょう。

慢心と、戦い続けましょう。

それも、社長の大切な仕事。

この記事を書いた人

金村 秀一

金村 秀一

100年塾塾長・社長コンサルタント

社員数30人以下のヒト・モノ・カネの悩みを解決するための成功し続ける社長の経営塾”100年塾”を主宰。

経営塾”100年塾”は、飲食業界に関わらず、様々な業界の社長が全国各地から参加している。経営計画書・環境整備・斜めの関係という再現性の高い道具を使って、社員がイキイキと働きながら、社長の決定をすぐに実行する、高収益体質の会社づくりをサポート、生産性が高い強い経営ができる。