経営者は見られている

どんな優秀な経営者でも、

長く経営をやっていると、

厳しい時代の1つや2つはあります。

何をしたらいいのか分からず、途方に暮れる時、

誰を信じていいのか分からなくなり、孤独を感じる時、

何をやっても手応えが無く、徒労感だけが残る時、

そんな時の1つや2つは、やってきます。

それでも経営者は、前を向いていかないといけません。

胸を張って、上を向いて歩いていかないといけません。

なぜなら、あなたは、見られているからです。

あなたは、お客様から、見られています。

あなたは、社員から、見られています。

あなたは、社会から、見られています。

人は、下を向いている人から、商品は買いたくないものです。

人は、元気のない人には、ついていきたくないものです。

社会は、そういう人に、何かを任せたくないものです。

だから、経営者は、まず、上を向くことです。

どんなに辛い時でも、我慢して上を向いていることです。

それは経営者の『大切な仕事』です。

金村秀一公式メルマガ

*メールアドレス
*お名前(姓)
※お名前は匿名でも登録できます。

匿名でブログの感想を送信する

この記事を書いた人

金村 秀一

金村 秀一

100年塾塾長・社長コンサルタント

社員数30人以下のヒト・モノ・カネの悩みを解決するための成功し続ける社長の経営塾”100年塾”を主宰。

経営塾”100年塾”は、飲食業界に関わらず、様々な業界の社長が全国各地から参加している。経営計画書・環境整備・斜めの関係という再現性の高い道具を使って、社員がイキイキと働きながら、社長の決定をすぐに実行する、高収益体質の会社づくりをサポート、生産性が高い強い経営ができる。