誰にもできない領域へ

『優位性』を築くということは、

ビジネスの世界ではとても大切なこと。

しかし、優位性を保ち続けることは、簡単ではありません。

では、優位性を保ち続けている会社は、

特別なことをやっているのでしょうか?

確かに、一見、特別なことをやっているようには見えます。

しかし、よく見てみると、

本当に変わったことをしている会社は少ないことに気づきます。

優位性を保ち続ける会社がやっていることは、

誰にでも出来ること。

しかし、違うのは、

それを、誰にも出来ないくらいに

徹底してやっているということです。

徹底とは、

『他人が見たら異常と思うほどの執念をもって実行すること』

変わったことはしていません。

変わったレベルでしているだけです。

どんな会社にもできることを、

どんな会社にもできないレベルでやり続けているだけです。

それこそが『優位性』を築く『もと』です。

『変わったことや特別なことをしないといけない』

と思い込んでいませんか?

誰にでもできることを、誰にでもできるレベルで、

満足していませんか?

普通の会社が10回やるんだったら、100回やろう!

普通の会社が1年やるんだったら、10年やろう!

それだけで、たいてい、1番になれるものです。

この記事を書いた人

金村 秀一

金村 秀一

100年塾塾長・社長コンサルタント

社員数30人以下のヒト・モノ・カネの悩みを解決するためにの成功し続ける社長の経営塾”100年塾”を主宰。

経営塾”100年塾”は、飲食業界に関わらず、様々な業界の社長が全国各地から参加している。経営計画書・環境整備・斜めの関係という再現性の高い道具を使って、社員がイキイキと働きながら、社長の決定をすぐに実行する、高収益体質の会社づくりをサポート、生産性が高い強い経営ができる。