毎週の会議は、なぜ会社を良くするのか?

”社長がひとりで頑張る”ワンマン経営から
”社員が自然と動き出す”サイクル経営へ

『100年塾』塾長の金村秀一です。

毎週の会議は、
なぜ会社を良くするのか?

なぜ、毎週決まった時間に、
決まった進行内容で会議をするだけで
会社が変わりはじめるのか?

それは、
計画的な会議があることで
社員が情報と意見の報告をしやすくなる。

そして、これにより、
1週間単位での微調整をすることができます。

この微調整の繰り返しが成果をあげます。

これが月1回ですと
1ヶ月間のお客様の声など
情報量が多くなります。

そのために打つ手も多くなってくる。

さらに、月1回だと微調整ではなく
大掛かりな修正や変更となることも多い。

余談にはなりますが、
2012年2月に
人生2度目のフルマラソンとして
東京マラソンを走りました。

1度目のマラソンは18年前の21歳の時。
その時のタイムは5時間56分。

21歳の時の自分と39歳の自分。
どちらのタイムが早いか?

通常であれば21歳の時の自分の方が
体力がある分早いと予測するのが普通です。

18年ぶりのマラソンの結果は、
4時間43分30秒。

おかげさまで、
1時間12分30秒のタイムを
更新することができました。

なぜ、18年前より体力が衰えている中、
4時間43分30秒という結果が出せたのか?

それは大会当日に
ある方法をとったことが大きいのです。

ある方法とはどのような方法か?

それはタイムラップを
1Kmごとに42回やったことです。

最初は5Kmごろに8回やる予定でした。

しかし、
3Kmを過ぎたあたりで気づきました。

『5Kmごとの修正では修正しきれない』
ことに。

42Kmを走りきる途中での修正回数が、
42回と8回。

それは明らかに
回数が多い方が微調整しやすいものです。

そして、42回の微調整を繰り返した結果
18年前のタイムより、
1時間以上も短縮することができました。

会社の会議でも同じことが言えます。

月に1回、年12回の会議をする会社と
週に1回、年53回の会議をする会社。

どちらが改善・対策の微調整ができるのか?

それはもちろん、
年間53回の会議をしている会社です。

大量のお客様の声を集め、
社員からの現場の情報を報告させ、
微調整の改善を続けていく。

微調整の改善を続けていくためには
週1回というサイクルが
とてもよいリズムを刻みます。

強い会社になるために
微調整を数多く繰り返す。

★☆★今日の仕事ができる人の心得★☆★

【 実務管理 】

当月までの実績をもとに、

決算までの達成予測を検討することです。

そして早め早めに手を打つことです。

この記事を書いた人

金村 秀一

金村 秀一

100年塾塾長・社長コンサルタント

社員数30人以下のヒト・モノ・カネの悩みを解決するためにの成功し続ける社長の経営塾”100年塾”を主宰。

経営塾”100年塾”は、飲食業界に関わらず、様々な業界の社長が全国各地から参加している。経営計画書・環境整備・斜めの関係という再現性の高い道具を使って、社員がイキイキと働きながら、社長の決定をすぐに実行する、高収益体質の会社づくりをサポート、生産性が高い強い経営ができる。

個別経営相談のご依頼はこちら

金村との1対1の個別経営相談のご依頼を受け付けております。

ご相談内容の例

  • 売上アップや利益アップなど収益面でお悩みの方
  • 社内の見える化や仕組み化を導入・推進したい方
  • 社長の決定がなかなか実行されずお悩みの方
  • 社内のコミュニケーションを円滑にしたい方
  • 銀行からの融資など資金調達でお悩みの方
  • 成功し続けるための経営計画書・環境整備を詳しく聞きたい方

このようなお悩みをお持ちの方はもちろん、「どうしたらもっと上手く経営できるのか?」など、お悩みがはっきりされていない方でも大丈夫です。しっかりとヒアリングをさせていただき、やるべき課題を明らかにしていきます。

費用は、30分間27,000円 (25,000円+税) です。

来社・電話・ZOOM(テレビ会議)などでの相談が可能ですので、距離の制限を受けることなく全国どこからでも、金村に直接経営相談をすることができます。ぜひ、お気軽にご相談ください。

受付スケジュール

個別経営相談の受付スケジュールはこちらのカレンダーをご確認ください

お申し込み

お申込みはこちらのお申し込みフォームからお願いします。

お申し込みはこちら