【銀行融資】資金調達のための担保は必ず『抵当権』で契約しなさい!

A社長
昔銀行と契約した1億円の根抵当権。返済も進み借入残高もかなり減ってきたので、追加融資を担保の枠の範囲内でお願いしました。でも、銀行は決済の回答を渋ってます。どういうことなのでしょうか?

銀行からの融資をお願いする時に、担保の設定を抵当権と根抵当権のどちらでするかはよく聞く話です。私も長年社長をやっていますが、この話を教えてもらったことはありません。にも関わらず、いきなり銀行との融資実行の契約になり署名捺印してしまう。その結果、未来に大変なことが起こります。

例えば、1億円の土地に1億円の根抵当権の契約をして、A行から2,500万円借りるとします。すると、先ほど述べたように多くの社長が『A行から、まだ7,500万円借りられる』と思いますが、それは社長の勘違いです。

きっと銀行からそのようなことを言われたと思いますが、それはあくまで『2,500万円貸したときと同じ状況である』という条件が整わなければ、貸してもらえうことができません。この『状況』という言葉が意味する内容は、会社の状況はもちろん、外部環境、銀行の状況などを含めた状況が同じであるということです。

会社の業績が芳しくなければ、1億円の根抵当権をつけていても、7,500万円の担保価値は認められなく、満額の融資は難しくなります。

ところが根抵当権ではなく、抵当権でA行から2,500万円を借りておけば、残りの7,500万円の担保価値が残ります。その結果、その枠を使って他行から追加融資を受けることが可能になります。

このように、事業で必要な資金を担保を入れて銀行から融資を受けるときには、根抵当権ではなく抵当権を設定してください。

私のこれまでの経験からすると、銀行は契約書の中に細かい字でそのことに書かれているために、こちらからこの旨を伝えない限り、アタリマエのように根抵当権で設定してきます。

『その方が追加融資の手続きなどの社長の手を煩わせる余計な手間がなくなりますので』と言ってきます。『手間はかかってもいいので、根抵当権でお願いします』とはっきり伝え、融資契約を締結させることです。

銀行がこれほど根抵当権を勧める理由のひとつは、『他の銀行に取られないため』であると言われています。このような銀行の都合に合わせて契約をしたことで、もしもの時、まさかの時に資金調達ができなくならないようにしてください。

抵当権を設定する時には『根』を取ることが社長の大切な仕事。

この記事を書いた人

金村 秀一

金村 秀一

100年塾塾長・社長コンサルタント

社員数30人以下のヒト・モノ・カネの悩みを解決するための成功し続ける社長の経営塾”100年塾”を主宰。

経営塾”100年塾”は、飲食業界に関わらず、様々な業界の社長が全国各地から参加している。経営計画書・環境整備・斜めの関係という再現性の高い道具を使って、社員がイキイキと働きながら、社長の決定をすぐに実行する、高収益体質の会社づくりをサポート、生産性が高い強い経営ができる。

個別経営相談のご依頼はこちら

金村との1対1の個別経営相談のご依頼を受け付けております。

ご相談内容の例

  • 売上アップや利益アップなど収益面でお悩みの方
  • 社内の見える化や仕組み化を導入・推進したい方
  • 社長の決定がなかなか実行されずお悩みの方
  • 社内のコミュニケーションを円滑にしたい方
  • 銀行からの融資など資金調達でお悩みの方
  • 成功し続けるための経営計画書・環境整備を詳しく聞きたい方

このようなお悩みをお持ちの方はもちろん、「どうしたらもっと上手く経営できるのか?」など、お悩みがはっきりされていない方でも大丈夫です。しっかりとヒアリングをさせていただき、やるべき課題を明らかにしていきます。

費用は、30分間27,000円 (25,000円+税) です。

来社・電話・ZOOM(テレビ会議)などでの相談が可能ですので、距離の制限を受けることなく全国どこからでも、金村に直接経営相談をすることができます。ぜひ、お気軽にご相談ください。

受付スケジュール

個別経営相談の受付スケジュールはこちらのカレンダーをご確認ください

お申し込み

お申込みはこちらのお申し込みフォームからお願いします。

お申し込みはこちら