なぜ銀行から融資が決済(承認)されないのか

『銀行は晴れた時に傘を貸して、雨が降ったら傘を取り上げる』という話をよく聞く。でも、銀行という収益構造を考えれば、それは当然のこと。悪いのは銀行ではなく、むしろ無知な社長である。

なぜ『雨が降ったら傘を取り上げるのは正しい』と考えるのか

それは、銀行が預金者であるお客様のお金を保全する考え方があるからだ。銀行はお客様から預かったお金を運用し、利益を上げ、金利を支払う責務を負っている。もし、融資している会社が倒産などをして、貸し倒れが起こること、銀行の収益構造に悪影響を及ぼす。

そのために、銀行は『返済することができないかもしれない会社』よりも『確実に返済してくれる会社』に融資するのは当然のこと。『雨が降っているから』という理由だけで、融資を希望する全ての会社に追加融資する銀行などありません。

この収益構造も逆に考えてみると、どこにも融資せずには成り立たないことがわかる。必ずどこかの会社に融資をして、返済をしてもらうことで成立している。つまり、銀行が融資先を常に探していることも事実。

銀行の都合で融資を考えてみる

このように貸して欲しい会社の都合ばかり考えず、貸す銀行の都合を考えることで見えてくることが色々ある。だから、悪いのは銀行ではなく、むしろ無知な社長なのだ。

社長は銀行の構造や体質をもっと知るべきであり、傘を借りられる会社、傘を取り上げられない会社に変わるための知識を身につけ、実践しなければならない。

『不良な会社』は倒産するのが正しい

『銀行にとって、不良なお客様は倒産するのが正しいと思っている。』

『不良な会社』が倒産すれば、不良資産を償却できて自己資本比率も上がるし(自己資本比率が上がれば、銀行の経営は安定する)、不良な会社が無くなってもマーケットの大きさは変わらないので、結果として『優良な貸付先』が増えることになる。

『不良なお客様』を無理に延命させると、社長も社員も、その家族も、立ち直れなくなる。だから、出直しができるうちに倒産させたほうが良心的だとも言える。

困っている人に手を貸さないのは、道義にもとる行為だと思われがちですが、ギリギリまでお金を貸し、自己破産まで追い込んでしまうことの方が、道義にもとる行為。

貸すも親切。貸さぬも親切。

銀行が融資を決済するかしないかは、その事業を続けるかどうかのバロメーター。全ての銀行が融資を見送った時は、『事業構造を再編しなさい』という無言の提案。どこかの銀行が決済した場合は、『兜の緒をしめて取り組みなさい』という無言の承認。

貸すも親切。貸さぬも親切。

常に銀行から関心を持ってもらえる会社を、定量的部分と定性的部分の両面でコツコツ創り上げることだ。

この記事を書いた人

金村 秀一

金村 秀一

100年塾塾長・社長コンサルタント

社員数30人以下のヒト・モノ・カネの悩みを解決するための成功し続ける社長の経営塾”100年塾”を主宰。

経営塾”100年塾”は、飲食業界に関わらず、様々な業界の社長が全国各地から参加している。経営計画書・環境整備・斜めの関係という再現性の高い道具を使って、社員がイキイキと働きながら、社長の決定をすぐに実行する、高収益体質の会社づくりをサポート、生産性が高い強い経営ができる。

個別経営相談のご依頼はこちら

金村との1対1の個別経営相談のご依頼を受け付けております。

ご相談内容の例

  • 売上アップや利益アップなど収益面でお悩みの方
  • 社内の見える化や仕組み化を導入・推進したい方
  • 社長の決定がなかなか実行されずお悩みの方
  • 社内のコミュニケーションを円滑にしたい方
  • 銀行からの融資など資金調達でお悩みの方
  • 成功し続けるための経営計画書・環境整備を詳しく聞きたい方

このようなお悩みをお持ちの方はもちろん、「どうしたらもっと上手く経営できるのか?」など、お悩みがはっきりされていない方でも大丈夫です。しっかりとヒアリングをさせていただき、やるべき課題を明らかにしていきます。

費用は、30分間27,000円 (25,000円+税) です。

来社・電話・ZOOM(テレビ会議)などでの相談が可能ですので、距離の制限を受けることなく全国どこからでも、金村に直接経営相談をすることができます。ぜひ、お気軽にご相談ください。

受付スケジュール

個別経営相談の受付スケジュールはこちらのカレンダーをご確認ください

お申し込み

お申込みはこちらのお申し込みフォームからお願いします。

お申し込みはこちら