会社の利益とは『うんち』のようなもの

金村
昨年ある会社の研修で『会社の利益はうんちのようなもの』という話をしました。好評だったこともあり、ブログでもその内容をまとめてみました。

体調と環境を整える

体調が悪いと『うんち』は出ない

体調が悪いと『うんち』は出ません。
もともとの体質が関係しているケースもありますが、多くの場合は、腸内の環境や生活環境によって、便秘になることが多いようです。
その環境を改善することで、以下のような効果が得られる人たちがいます。
・透明感のある美肌になった
・新陳代謝が良くなった(美肌・ダイエット・老化)
・夜は快眠、朝は爽快な目覚めになった
・不眠症や冷え性などが改善された
美容面だけではなく、健康面も大きく変化していることがわかります。

環境が悪いと『利益』は出ない

経営でも同じことが言えます。
社内の環境が整っていません。
具体的にいうと、環境整備ができていないために、仕事の質・スピード共に悪い状態だと、利益が残ることはありません。
どれだけ売り上げが上がっても、ほとんどは利益が出ないのは、上で書いたような便秘の状況と似ています。
社内の環境(体質)をまずは変えないと、利益が増えることはまずありません。

食べ物と事業を改善する

食べ物を改善して解消する

『うんち』が出ない状況である便秘を解消するための重要な要素として食事が考えられます。
食べるものを変えることで、便秘を解消することもできます。
例えば、食物繊維は正しい食べ方をすることで、便秘解消の効果は絶大と言われています。
代表的な食べ物として、穀類(玄米・オートミールなど)、豆類(大豆・おからなど)、海藻類、きのこ類などが挙げられます。
また発酵食品である、納豆・漬物・醗酵して作られた調味料(味噌・醤油など)が挙げられます。

事業を改善して解消する

経営に置き換えて考えても、同じことが言えます。
ここで言う『何を食べるか』は、経営で考えてみると、
『どんな事業をするのか』
『どんなお客様とお付き合いするのか』
ということです。
社内の環境が整っていたとしても、粗利益率の低い事業を続けることで、利益は残りづらい体質となります。
会社とは、
『どの事業をするのかを決定した段階で、仕事の半分は終わったようなもの』
とまで言われているほどです。
だからこそ、毎年自社の事業体質をしっかりと把握し、さらに、再構築していくことで、カラダの体質と同じように、確実に会社の体質も変わっていきます。
また、食べ物と一緒で、やみくもに食べればいいというものではありません。
良いお客様を見つけて、そのお客様と長くお付き合いすることで、会社の利益は変わってきます。
多くの会社では、売上を上げるために、どんなお客様とでも取引しようとした結果、利益が残らない体質になっていることに、社長たちは気づく必要があります。

腸内と社内の動きを正常化する

腸内の動きを正常化する

『うんち』が出ない便秘の状態になってしまう原因のひとつとして、腸内の働きが低下していることが考えられます。
何らかの原因で低下してしまった、腸内の動きを正常に戻すためには、運動や体操などをすることで解消することができます。
日常とは違った動きをすることで、体内の体質が改善されます。

社内の動きを正常化する

日常とは違った動きを、外的圧力という観点から会社経営で考えてみると、これは『社員教育』だと言えます。
そもそも社員教育とは、社内で今できていることを再徹底したり、通常業務では体験できない、また、今後の会社の成長のために必要だと考えることを勉強してもらうことです。
このような外的圧力(ストレス)を定期的にかけることは、とても重要だと考えています。
このストレスが適度にかかることで、新しいことがスムーズに社内に導入できることはもちろん、通常業務を今までとは違った観点から見直すことができます。
便秘が運動や体操で腸内の動きが変わり解消されるように、適度なストレスを社員教育でかけることによって、社内環境に変化が伴い、これまでになかなか残らなかった利益が残るようになる『利益体質』に変化することができます。
このような観点から考えても、社員教育は成功し続ける経営をするためには重要であることがわかります。

カラダも会社も体質は変えられる

『会社の利益は「うんち」のようなもの』と私が言っているのは、このような理由があるからです。
体が健康な状態で快便を続けるように、会社もこれらの内容を見直して、利益が残る状態、健全な利益体質を社長が創っていく必要があります。
これらを改善しないで、『利益が残らない』と言っているのは、自分の生活環境を振り返らないで『うんちが出ない』と言っているのと同じです。
カラダも会社も体質は変えられるのです。

 

金村秀一公式メルマガ

『ブログには書けない本音トークをメルマガでお届けします!』

               

匿名でブログの感想を送信する

この記事を書いた人

金村 秀一

金村 秀一

100年塾塾長・社長コンサルタント

社員数30人以下のヒト・モノ・カネの悩みを解決するための成功し続ける社長の経営塾”100年塾”を主宰。

経営塾”100年塾”は、飲食業界に関わらず、様々な業界の社長が全国各地から参加している。経営計画書・環境整備・斜めの関係という再現性の高い道具を使って、社員がイキイキと働きながら、社長の決定をすぐに実行する、高収益体質の会社づくりをサポート、生産性が高い強い経営ができる。