『点を繋いでいく』スティーブ・ジョブズ演説より。

金村

ある学校の入学式のスピーチで、スティーブ・ジョブズのスピーチの一部が引用されていた。とても素晴らしいスピーチで強く印象に残っている。このブログにも、書きとどめておきたいと思う。

スティーブ・ジョブズスピーチ『点を繋いでいく』全文。

最初の話は点を繋いでいくという話です。

 

私はリード大学を6か月でドロップアウトしました、しかし大学を実際に辞めるまで一年半ほど遊びの学生としてブラブラ居残っていました。 じゃ、なぜ辞めたのか?

 

それは私が産まれる前に遡ります。私の実の母は未婚の大学卒業生でした、そして彼女は、私を養子に出そうと決心しました。彼女は、私は大学卒の人のところに養子に行くべきだと強く思っていました。だから弁護士とその妻によって、生まれたときに養子になるべく全てが決まっていました。ただ、私が産まれると、最後の段になって、彼らは女の子を望んでいたと言いました。

 

そこで、最後の最後で、ウエイティングリストの私の両親に夜中に電話が入ったのです。そして尋ねられました「私たちに望まない男の子が出来ました。欲しいですか?」と、彼らは答えました「もちろんです」と、しかし、私の産みの母親は後に、私の母が大学を出ていないことを知りました。父親は高校すら卒業していませんでした。母は最後の養子の書類の署名をこばみましたが。数か月後に私の両親が私を大学に入れると約束したとき養子に応じました。これが私の人生の始まりでした。

 

そして17年後に私は大学に入学しました。しかし、何も知らない私は、スタンフォードと同じくらい学費がかかる大学を選んでしまいました。私の労働者階級の両親の貯えの全ては私の大学の学費に消えました。半年後、私は大学に意義を見出せなくなりました。私は人生でなにがしたいか思い浮かばなかったし、大学がそれを明らかにしてくれるとは思えませんでした。それなのに私は、両親がその人生で稼いだ金をただ消費しているのです。

 

そこで私は大学を中退することにしました。すべてこれでうまく行くと信じて。そのときはとても怖かったですが、振り返ってみると、それまでで一番良い決断でした。退学してすぐに興味のない必須の授業をとるのをやめ、おもしろそうな授業を覗き始めました。

 

世の中はそんなに甘くはありませんでした。私は寄宿舎に部屋が無かったので、友人の部屋の床で寝泊まりしました。コーラの瓶の回収で5セント稼いで食費の足しにしたり、日曜日の夜には7マイル離れたハーレクリシュナの寺院で振舞われる美味しい食事を食べに行きました。とても美味しかった。そして、私が自分の好奇心と直感でたまたま出会った多くのものが後々貴重なものとなりました。その一例をお話ししましょう。

 

リード大学は、おそらく国内最高のカリグラフィ(書道)の指導をしていました。キャンパスの至るところにあるポスターや引き出しのラベルは美しい手書きで書かれていました。私は退学しており、通常の授業は受ける必要はないので、このカリグラフィの授業をとり、それを学びました。私はセリフ書体やサンセリフ書体を学びました、異なった文字の組合せの文字間の隙間の変化や、どうすれば素晴らしいタイポグラフィが、そんなに素晴らしくなるのかも。 それはとても美しく、歴史を帯び、芸術的に繊細で科学で説明できない部分があり、私はそれに魅せられました。

 

このどれも、私の人生において何の実利性の望みさえありませんでした。しかし、10年後最初のマッキントッシュコンピュータを設計するときに、それが全部私にアイデアとして蘇ってきたのです。そして我々は、それをマックに生かしました。美しい文字の最初のコンピュータです。

 

もし、私が大学のその一つのコースを覗かなかったら、マックは決して複数の文字のタイプ或いはバランスのとれたフォントを備えていなかったでしょう。ウィンドウズはマックをすぐにコピーして真似ただけですから、そういうものを備えているPCは生まれなかったでしょう。もし、私が退学しなかったら、私はこのカリグラフィの授業を覗かなかったでしょう。そしてPCは今のような美しい文字では無かったかも知れません。もちろん、当時私が大学にいるとき、この“もしもの点”を未来に繋いでいくことは不可能でした。しかし、その繋がりは、とても、とてもハッキリしているのです、10年後に振り返ってみると。

 

繰り返します、あなた方は、これからの点を将来に繋いでいくことはできません。あなた方は振り返って、それらを繋ぐだけです。ですから、あなた方は、現在の点が、とにかくあなた方の未来に繋がるということを信じるのです。あなた方は、何かを信じなければなりません。・・・・自分のガッツ、運命、人生、カルマ、何でもいいでしょう。 その点が繋がり道となると信じることが、あなた方が自分の心に自信を与えます。たとえそれが常識的な道から外れるとしても。それが全てを変えるでしょう。

全ての『今』は未来に繋がる。

このスティーブ・ジョブズの言葉を読んで思うことは、私たちの目の前で起こっていることに偶然なことはひとつもなく、全ては必然であり、未来に繋がっているということ。

今、目の前で起こっている喜びも悲しみも、それら全ての経験が自分の中に蓄積され、何ひとつ無駄にはならないということ。

『今』の積み重ねが過去の点をつくり、『今』の積み重ねが未来に繋がる。

『一見偶然に見える、価値ある必然』が、常に起こり続けている状態とも言える。

ひと言でいうならば、与えられた命を全うして、今を精一杯生きるということ。

新年度を迎えることタイミングで、この言葉に出会えたことすら、意味ある必然と思える。

金村秀一公式メルマガ

*メールアドレス
*お名前(姓)
※お名前は匿名でも登録できます。

匿名でブログの感想を送信する

この記事を書いた人

金村 秀一

金村 秀一

100年塾塾長・社長コンサルタント

社員数30人以下のヒト・モノ・カネの悩みを解決するための成功し続ける社長の経営塾”100年塾”を主宰。

経営塾”100年塾”は、飲食業界に関わらず、様々な業界の社長が全国各地から参加している。経営計画書・環境整備・斜めの関係という再現性の高い道具を使って、社員がイキイキと働きながら、社長の決定をすぐに実行する、高収益体質の会社づくりをサポート、生産性が高い強い経営ができる。