『世界幸福度ランキング2019』日本の順位は?ランキングトップの国は?

金村
世界幸福度ランキングが今年も発表された。4年ぶりに50位以内にランクインしたのだろうか。その動向が気になる。

世界幸福度ランキング2019

2019年3月20日の『国際幸福デー』に国連の関連団体が毎年発表しているのが、『世界幸福度ランキング』である。

2019年は世界156ヶ国を対象に調査。

各国の国民に『どれぐらい幸せを感じているか』を評価してもらった調査結果に加え、

◯GDP
◯健康寿命
◯選択の自由度
◯社会的支援
◯他者への寛容さ
◯社会の腐敗度

の6項目の要素を追加して、各国の幸福度を計っている。

7回目となる2019年の日本のランキング順位は一体どうなったのだろうか?

過去5年間の日本の順位の推移

日本の過去5年間の世界幸福度ランキングの順位は以下の通り。

◯ 2015年 46位
◯ 2016年 53位
◯ 2017年 51位
◯ 2018年 54位
◯ 2019年 58位

日本は2018年の54位から4つ順位を下げ、2019年は156ヶ国中58位となった。

ランキング入りした国々

1位は2年連続でフィンランドだった。トップ10のうち半数を北欧諸国が占めている。

北欧諸国は社会保障が手厚く、質の高い教育をしていることが影響しているのか。

ランキングトップ10

  1. フィンランド
  2. デンマーク
  3. ノルウェー
  4. アイスランド
  5. オランダ
  6. スイス
  7. スウェーデン
  8. ニュージーランド
  9. カナダ
  10. オーストリア

11位〜58位

  1. オーストラリア
  2. コスタリカ
  3. イスラエル
  4. ルクセンブルク
  5. イギリス
  6. アイルランド
  7. ドイツ
  8. ベルギー
  9. アメリカ
  10. チェコ共和国
  11. アラブ首長国連邦
  12. マルタ
  13. メキシコ
  14. フランス
  15. 台湾
  16. チリ
  17. グアテラマ
  18. サウジアラビア
  19. カタール
  20. スペイン
  21. パナマ
  22. ブラジル
  23. ウルグアイ
  24. シンガポール
  25. エルサルバドル
  26. イタリア
  27. バーレーン
  28. スロバキア
  29. トリニダード・トバゴ
  30. ポーランド
  31. ウズベキスタン
  32. リトアニア
  33. コロンビア
  34. スロベニア
  35. ニカラグア
  36. コソボ
  37. アルゼンチン
  38. ルーマニア
  39. キプロス
  40. エクアドル
  41. クエート
  42. タイ
  43. ラトビア
  44. 韓国
  45. エストニア
  46. ジャマイカ
  47. モーリシャス
  48. 日本

ワンキングワースト10

  1. 南スーダン
  2. 中央アフリカ共和国
  3. アフガニスタン
  4. タンザニア
  5. ルワンダ
  6. イエメン
  7. マラウィ
  8. シリア
  9. ボツワナ
  10. ハイチ

追加6項目の日本の順位

◯GDP → 24位
◯健康寿命 → 2位
◯選択の自由度 → 64位
◯社会的支援 → 50位
◯他者への寛容さ → 92位
◯社会の腐敗度 → 39位

4年連続50位以内を逃す

2016年から4年連続して50位以内に入れないという結果になった。

日本の幸福度は先進国G7の中でも最も低く、G7で唯一50位以内に入っていない。

でも、日本のGDPはG7の中でアメリカの次に大きい。

日本は、健康寿命の順位が2位と高く、他の項目の順位と比べても際立つ結果となった。

100年塾 21期生募集開始【先着5社限定】

社員数30人以下の成功し続ける社長のための経営塾『100年塾』の21期生(9月生)の募集がスタートしました!

『経営計画書』『環境整備』『斜めの関係』の会社を強い体質に変える3つの仕組みを使って、たった16週間という短期間で、社長が変わり、社員が変わり、そして、潰れない会社体質を手にすることができます。

100年塾に参加しているお客様の満足度は、驚異の92.6%の小さな会社の社長のための経営塾です。ぜひ、一度その理由を下記からご覧ください。

無料メルマガ

▽▽▽ 金村秀一の公式 無料 メルマガ 『経営のカンドコロ』の登録はこちら ▽▽▽ 

*メールアドレス
*お名前(姓)
※お名前は匿名でも登録できます。

こっそり感想を送信する

この記事を書いた人

金村 秀一

金村 秀一

100年塾塾長・社長コンサルタント

社員数30人以下のヒト・モノ・カネの悩みを解決するための成功し続ける社長の経営塾”100年塾”を主宰。

経営塾”100年塾”は、飲食業界に関わらず、様々な業界の社長が全国各地から参加している。経営計画書・環境整備・斜めの関係という再現性の高い道具を使って、社員がイキイキと働きながら、社長の決定をすぐに実行する、高収益体質の会社づくりをサポート、生産性が高い強い経営ができる。