業績がアップする良い組織の作り方

”社長がひとりで頑張る”ワンマン経営から
”社員が自然と動き出す”サイクル経営へ

『100年塾』塾長の金村秀一です。 


業績がアップする良い組織の作り方

人間は環境を肌で感じる動物です。

自分にとって良い環境、
また理想の環境であれば、
そこに居続けて成長することを選びます。

逆に、
自分にとって理想ではない
環境だと判断した時、
遅かれ早かれそこから離れていきます。

したがって、
仕事ができる社員が辞めていく会社は、
その環境を整える努力をしない限り、
状況はいつになっても改善されません。

組織内の風土を変えていくためには、
社長が先頭に立ってビジョンを示し、
模範を示し、不満分子に迎合せず、
社員とのコミュニケーション量を増やし、
ひとりまたひとりと
理解と協力をしてくれる社員を
増やしていくことです。

社長がコツコツと積み上げて
良い風土を創っていくのです。

すべての人にとって
良い風土の組織は
つくれません。

しかし、
社長が理想とする
風土を創りあげることで、
その風土に合った社員が
きちんと残って活躍してくれます。

一番やってはいけないことは、
組織の風土を持たないことです。

風土がない組織とは、
行き先がわからない旅行と同じです。

どの目的地に、
どのような手段で目指すのかが
風土となって現れます。

この風土がないということは、
目的地や手段が明確ではないのです。

組織に風土がない場合は、
個人の特性に依存するしかありません。
それでは人が定着することがありません。

風土を創るという仕事は、
ひとりひとりを巻き込んでいくという
社長にとって手間のかかる、
心の折れるような力仕事です。

最初は社長の思いが伝わっている社員が
少ないかもしれません。

それでも諦めずに言い続ける、
やり続けることで、
理解と協力をしてくれる社員が増え、
数的優位の状況になり、
良い風土が形成されていくことになります。

全ての人に
受け入れてもらえる
良い組織は作れない!

★☆★今日の仕事ができる人の心得★☆★

【 温かい組織 】

部下が上司に従うのは、

魅力という情のウエイトが高いからです。

情のない組織は、

規則やシステムを数多く設けて

社員を従わせようと工夫するが

むしろ冷たい関係になって

個人無視、自由度のない経営を

進めることになる。

人間が息苦しいと感じるような経営は

長続きしません。

この記事を書いた人

金村 秀一

金村 秀一

100年塾塾長・社長コンサルタント

社員数30人以下のヒト・モノ・カネの悩みを解決するための成功し続ける社長の経営塾”100年塾”を主宰。

経営塾”100年塾”は、飲食業界に関わらず、様々な業界の社長が全国各地から参加している。経営計画書・環境整備・斜めの関係という再現性の高い道具を使って、社員がイキイキと働きながら、社長の決定をすぐに実行する、高収益体質の会社づくりをサポート、生産性が高い強い経営ができる。

個別経営相談のご依頼はこちら

金村との1対1の個別経営相談のご依頼を受け付けております。

ご相談内容の例

  • 売上アップや利益アップなど収益面でお悩みの方
  • 社内の見える化や仕組み化を導入・推進したい方
  • 社長の決定がなかなか実行されずお悩みの方
  • 社内のコミュニケーションを円滑にしたい方
  • 銀行からの融資など資金調達でお悩みの方
  • 成功し続けるための経営計画書・環境整備を詳しく聞きたい方

このようなお悩みをお持ちの方はもちろん、「どうしたらもっと上手く経営できるのか?」など、お悩みがはっきりされていない方でも大丈夫です。しっかりとヒアリングをさせていただき、やるべき課題を明らかにしていきます。

費用は、30分間27,000円 (25,000円+税) です。

来社・電話・ZOOM(テレビ会議)などでの相談が可能ですので、距離の制限を受けることなく全国どこからでも、金村に直接経営相談をすることができます。ぜひ、お気軽にご相談ください。

受付スケジュール

個別経営相談の受付スケジュールはこちらのカレンダーをご確認ください

お申し込み

お申込みはこちらのお申し込みフォームからお願いします。

お申し込みはこちら