目のつけどころものの考え方 by 相川秀希【書評】

相川秀希さんの『目のつけどころものの考え方』を読み終えたのでご紹介。

魚を与えず、釣り方を教える。

”「やり方」ではなく「あり方」を感じた。
起こったことをどんどん活用してプラスに変えていく。
「ないものねだり」とい言葉がありますが、
「こうだったらいいのに」と淡い期待を抱いているよりは、
実際に目の前にあるものを使って、
自ら望む未来を作り出していく方がはるかに現実的である。
私が主宰している経営塾”100年塾”に参加している社長から
「100年塾に参加したことは僕の社長人生に大きな影響を与えることになった。塾で教わることは経営の「やり方」ではなく、社長としての「考え方・あり方」を学び、実践できるからです」

と言われたことがある。

私自身、経営塾でも子育てでも人を育てる時に大切にしていることは
「魚を与えず、釣り方を教える」ことである。

最終的には自分の意思決定で人生を生きていくことになる。
その時にその人が困らないようにするのが私の役目。
これからも前向きに未来を創造できる人づくりに専念する。

今の常識は未来の非常識。

”他人の評価は気にしない。
世界のエリートは他人の目など大して気にしていません。
そして、他の誰でもない「自分自身の人生」を
切り開こうという意識が常にある。

確かに、日本人は誰かに評価してもらうことに
価値を置いている人が多い。
そして、評価されないことをすごく怖がっている。

日本人の特徴を表す言葉として
「日本人は”みんな”という言葉に弱い」と聞いたことがある。
島国のせいか、みんなと同じことをすることが正しく、
安定することだと信じている。

そのため、人生自体にも答え合せをしているように感じる。

そもそも、人生には決まった答えはない。
だから、答えにたどり着くというより、
自分自身で答えを見つける必要がある。

この本の中にアメリカ・デューク大学の
キャシー・デビッドソン教授が2011年に語ったことによれば、
「2011年度に小学生に入学した子供の65%は、
今は存在していない職業に就くだろう」と書かれている。

もはや、今の常識は未来の非常識。
今の常識にとらわれた人の評価を気にしている時間はない。

感じるままに余計なことは考えずにすぐに行動する。

”AI時代に求められている9つの基本原則のひとつに
「Compass over Maps(地図よりもコンパスを持て)」
というものがあります。
複雑でスピードの早い世界では、
すぐに書き換わってしまう地図を持つより、
優れたコンパスを持つことが大切である。

私はできるだけ最新のデバイスを使うようにしている。
最新のツールを使うことで今後どのように未来が変わるかを創造するためだ。

人口の減少をカバーするために生産性の向上は欠かせなくなる。
しかし、今でも十分に労働時間が長い日本人にとって、
生産性を上げ、労働時間を現象させるためには
AIをはじめとしたデジタルツールをフル活用していくしかない。

このような先が想像できない時代では、
考える時間は無意味になってくる。

なぜなら、これから先体験したことがない時代が来るのに、
過去の体験をベースに考えてみても最善の答えが出ることはない。

だからこそ、
感じるままに余計なことは考えずにすぐに行動することだ。
見極めていたら先を越されるだけだ。

100の知識より1つの行動。

”大切なのは「何を学ぶか?」よりも「どう学ぶか?」。

私は年間を通じて100以上講演をさせて頂いている。
いつでもライブ感を大切に全力で務めさせてもらっている。
参加してもらった人に一人でも多く実践してもらうためだ。

しかし、残念なことにほとんどの人はそれを実践することはない。
勉強したことを実践する人の割合は2〜4%。
100人聞いてくれたとするとたったの2〜4人だ。

この数字を考えるたびに、
人生とはそんなに甘くはないが、
それほど厳しくもないことを痛感する。

今は情報化時代があり「知る」ことに価値が置かれてしまっている。
大切なことは「知る」ではなく「識る」ことである。

まとめ

IMG_1346

アタリマエがアタリマエでなくなる時代が来ている。
今、20歳の人の平均寿命は100歳を越えると

「ライフ・シフト」という書籍にも書かれている。

このような時代は考えても無駄な時代と言える。
感じたこと、正しいと思うことをすぐに行動することで
自ずと結果がわかる。
これを繰り返していくことだけが真実にたどり着くことができる。

でも、これを続けていくとどこにたどり着くかがわからない。
行き当たりばったりの人生になってしまう。

こんな時代だからこそ、未来のゴールを自分で決めておく必要がある。
そのゴールから逆算して『今何をすべきか』と
潜在意識に働きかけながら生きることで、

不思議だがそのために必要なことがもたらされる。
自分の未来を創造する時代とも言える。

世界のエリートが実践している 目のつけどころ ものの考え方

(相川秀希著・キノブックス) 

金村秀一公式メルマガ

*メールアドレス
*お名前(姓)
※お名前は匿名でも登録できます。

匿名でブログの感想を送信する

この記事を書いた人

金村 秀一

金村 秀一

100年塾塾長・社長コンサルタント

社員数30人以下のヒト・モノ・カネの悩みを解決するための成功し続ける社長の経営塾”100年塾”を主宰。

経営塾”100年塾”は、飲食業界に関わらず、様々な業界の社長が全国各地から参加している。経営計画書・環境整備・斜めの関係という再現性の高い道具を使って、社員がイキイキと働きながら、社長の決定をすぐに実行する、高収益体質の会社づくりをサポート、生産性が高い強い経営ができる。