潰れない会社は『芸』で攻めて『型』で守る。【中小企業の社長の悩み】

成功し続けるためには『守り』が重要

多くの中小企業は勘違いをしています。

実は中小企業は『攻め』が弱くて会社がダメになることはありません。必ず『守り』が弱くて会社はダメになります。

中小企業の経営資源には限りがあります。そのため、決して攻め続けることはできません。

経営資源が底をついた時に、『守り』に転じることになります。ここで耐えられるか否か。

会社が潰れる時は、内部から弱くなり守り切ることができずに倒産します。

ですから、成功し続ける会社をつくるためには、まずは守りを固めることがとても重要になります。

会社経営では『攻め』と『守り』のバランスが大切

攻めてばかりいても経営資源が尽きた時に、守りを軽視してきたことで会社を守れなくなります。

守ってばかりいても、お客様をライバル会社に奪われ、時代に取り残されます。

会社経営では『攻め』と『守り』のバランスがとても重要です。

『守り』が軽視されがちな理由とは

バランスが大切だとわかっていても、なぜ多くの会社は『攻め』に多くの時間を使って、『守り』を軽視してしまうのでしょうか?

それは、
攻め=攻撃は派手でわかりやすい。
守り=守備は地味でわかりづらい。
からです。

本屋でビジネス書のタイトルを見ても、Facebookなどで開催しているセミナータイトルを見ても、守りよりも攻めの内容が多いことに気づきます。

それほど、攻め』は効果に即効性がありわかりやすいのが特徴です。

それと比べて、守り』は効果がわかりずらく時間もかかります。

そのため、どの会社でも守りが軽視されてしまっています。

『芸』で攻めて『型』で守ること

では、成功し続ける会社をつくるためには、どのようなバランスで『攻め』と『守り』を行えばいいのでしょうか?

それは『芸』で攻めて『型』で守ることです。

経営とは複雑な要素が絡み合って成り立っています。

それだけ複雑にも関わらず、きちんと経営を教わって社長になっている人は少ないのが特徴的。

ほとんどが、社長になってから体験しながら我流で学びます。

経営が上手くいっているときは我流でも乗り切ることはできます。

しかし、経営が上手くいかなくなるとブレが生じ、このブレが生じた時に会社を致命傷にします。

さらに、我流経営には『型』が無いために、再現性が低くなるため、たまたま成功することはあっても、成功し続けることはできません。

成功し続ける経営は『我流』ではなく『型』から生まれる

成功し続ける経営には、歴史ある『型』があります。

この『型』を学び(真似び)、実践し、社内に浸透させることで経営は驚くほど安定しはじめます。

ブレない経営をし、成功し続けるためには、まずは先人の知恵に学び、成功の『型』を吸収する。

さらに『型』が決まっていれば、成長も早くなります。

アイザック・ニュートンはこう語っています。
『私がより遠くまで見渡せたとすれば、それは巨人の肩の上に乗っているからです』と。

彼のようないくら天才と言えども、いきなり革新的なアイデアは出ず、先人の教えを土台として学んでから、自分の個性を発揮することが、成功の鍵であることを物語っています。

人間は経験したこと以外は、考えられない。考えても正解は見つからない。

成功し続けるための鍵があります。

それは『巨人の肩に乗る』ことです。

100年塾 21期生募集開始【先着5社限定】

社員数30人以下の成功し続ける社長のための経営塾『100年塾』の21期生(9月生)の募集がスタートしました!

『経営計画書』『環境整備』『斜めの関係』の会社を強い体質に変える3つの仕組みを使って、たった16週間という短期間で、社長が変わり、社員が変わり、そして、潰れない会社体質を手にすることができます。

100年塾に参加しているお客様の満足度は、驚異の92.6%の小さな会社の社長のための経営塾です。ぜひ、一度その理由を下記からご覧ください。

無料メルマガ

▽▽▽ 金村秀一の公式 無料 メルマガ 『経営のカンドコロ』の登録はこちら ▽▽▽ 

*メールアドレス
*お名前(姓)
※お名前は匿名でも登録できます。

こっそり感想を送信する

この記事を書いた人

金村 秀一

金村 秀一

100年塾塾長・社長コンサルタント

社員数30人以下のヒト・モノ・カネの悩みを解決するための成功し続ける社長の経営塾”100年塾”を主宰。

経営塾”100年塾”は、飲食業界に関わらず、様々な業界の社長が全国各地から参加している。経営計画書・環境整備・斜めの関係という再現性の高い道具を使って、社員がイキイキと働きながら、社長の決定をすぐに実行する、高収益体質の会社づくりをサポート、生産性が高い強い経営ができる。