【農場の法則】自分が撒いた種以外の作物は収穫できないことを理解する

 農場の法則とは

突然ですが、『農場の法則』って知ってますか?

農場の法則とは、

『蒔いた種以外の作物は収穫できない』

というとてもシンプルなもの。

例えば、カボ者の種を蒔いたら、かぼちゃしか収穫することができません。

きゅうりやトマトは収穫できません。

ですから、かぼちゃの種しか撒いていないのに、『トマトができない』ことに文句を言うのは見当違いなのです。

トマトが欲しければ、トマトの種を自らの手で撒くしかないということです。

地球という星は『行動の星』

つまり、ある『行動』をした場合は、それに見合った『結果』以外は生まれないということ。

人の行動には、必ず結果が伴います。

自分が望む結果に見合った行動をしていないのに、結果だけを求めるのは愚の骨頂というものです。

自分の身に起こる『意味ある必然』

法則というものは、必ずそのような結果になる、必ず成り立つから法則といいます。

会社であれば、社長のすべての言動は、巡り巡って社長自身に返ってきます。

しかも、種を蒔いた本人が全く予測していない方法とタイミングで、さらに、大きな利息をつけて返ってきます。

良いことも、悪いことも、社長の身に起こっていることは、過去に自分が撒いた種を収穫しているだけなのです。

ですから、自分の目の前で起こっていること全ては、単なる偶然ではないのです。

『態度』は、毎日選択できるもの

『態度』という、このような言葉があります。

人生とは10%が自分の身に起こることで、残り90%はそれに対してどう自分が反応するかで決まる。

あなたにとってもこれは同じ。

忘れてはならないのは、私たちは毎日その日に取る態度を選択し、決めることができるのである。

種を蒔いたら、良いことも悪いことも、必ずその分収穫ができるという法則です。

だからこそ、社長は良い種を蒔き続けなければいけません。

社風は土、組織は鉢、人財は種、社長は農夫

社風は土、組織は鉢、人財は種、そして、社長は農夫なのです。

農夫である社長が、この『農場の法則』に従って、栄養分の高い土を耕し、種を蒔き、愛情を注ぎ育てること。

このプロセスをなくして、求める結果は手に入ることはありません。

手間をかけ、愛をかけ、土を耕すことから全てがはじまります。

『蒔いた種以外の作物は収穫できることはない』

これが、シンプルですが、とても重要な『農場の法則』です。

 

金村秀一公式メルマガ

*メールアドレス
*お名前(姓)
※お名前は匿名でも登録できます。

匿名でブログの感想を送信する

この記事を書いた人

金村 秀一

金村 秀一

100年塾塾長・社長コンサルタント

社員数30人以下のヒト・モノ・カネの悩みを解決するための成功し続ける社長の経営塾”100年塾”を主宰。

経営塾”100年塾”は、飲食業界に関わらず、様々な業界の社長が全国各地から参加している。経営計画書・環境整備・斜めの関係という再現性の高い道具を使って、社員がイキイキと働きながら、社長の決定をすぐに実行する、高収益体質の会社づくりをサポート、生産性が高い強い経営ができる。