中期計画で会社の夢を現実にするロケット理論とは

金村
わが社が主宰している成功し続けるための経営塾『100年塾』では、逆算経営のメソッドを用いて、成功し続ける強かな会社をつくるサポートをしています。これと似た考え方に、ロケット理論というものがあります。ここでは、そのロケット理論をまとめてみました。

4つのプロセスが月へ行く夢を現実にした

突然ですが、ロケットはなぜ月に行くことができたのでしょうか?

その答えには、次の4つのプロセスがあったからと言われています。

【1】月に行こうという明確な目標を持つ
【2】綿密で具体的な計画を立てる
【3】到達過程で、細かく的確で綿密な軌道修正をし続ける
【4】全ての計画を公表して、目標を共有することで、チーム全体の士気をアップする

【1】月に行こうという明確な目標を持つ

計画よりも何よりも先に大切なことは、明確な目標を持つこと。全てはここからはじまります。目標であり、ビジョンを掲げることで、それに賛同し、協力してくれる仲間が『この指とまれ』をやるように不思議と集まってきます。

【2】綿密で具体的な計画を立てる

月は地球から38万km離れています。数字を聞いてもピンとこないほどの距離です。そのようなこともあり、月までたどり着くためには、綿密で具体的な計画が必要でした。

【3】到達過程で、細かく的確で綿密な軌道修正をし続ける

38万kmも離れた途方も無い計画ですから、計画通りに進むということはありません。むしろ、計画通りに進まないことを常と考え、実際に計画を行動に移した後、そこに生じた計画とのズレを修正し続ける必要があります。それもできるだけ細かく。常に細かく修正し続けることで、計画とのズレを修正する幅は少なく、小さくなります。

【4】全ての計画を公表して、目標を共有することで、チーム全体の士気をアップする

さらに、何のために月に行くのか、月に行くことによってどんなメリットがあるのかなどの、全ての過程をスタッフ全員で共有することで、この壮大な計画を成し遂げることができました。

以上の内容が『ロケット理論』と呼ばれるものです。

ロケット理論を実践することで未来計画は現実になる

100年塾に参加する社長たちが作成している、自社オリジナルの経営計画書の中にある『中期5カ年計画』でも、この理論と同じことが言えます。

5年後に今期の売上の200%を達成するという明確な目標を掲げ、5年間の具体的な目標を具体的な数字に落とし込み、計画の途中で細かい的確な習性をし続け、このプロジェクトの全てを組織全体で共有し、お互いに鼓舞し合うことで夢物語だった中期5カ年計画を現実のものにすることができるのです。

理想の未来はいつでもあなたの手の中にある

もちろん5年後の夢が実現できるかどうかは、実際にやってみないとわかりません。

ただ、ひとつ言えることは、高い目標を掲げて行動し続けた組織と、実現可能な低い目標を積み重ねた組織とでは、5年後にどちらがより成長をし、強くなっているかは、やる前から結果が出ているといます。

社員とその家族を幸せにするために、経営計画書で高い目標を掲げた会社だけが、夢のある会社に挑戦することができるのです。

金村秀一公式メルマガ

*メールアドレス
*お名前(姓)
※お名前は匿名でも登録できます。

匿名でブログの感想を送信する

この記事を書いた人

金村 秀一

金村 秀一

100年塾塾長・社長コンサルタント

社員数30人以下のヒト・モノ・カネの悩みを解決するための成功し続ける社長の経営塾”100年塾”を主宰。

経営塾”100年塾”は、飲食業界に関わらず、様々な業界の社長が全国各地から参加している。経営計画書・環境整備・斜めの関係という再現性の高い道具を使って、社員がイキイキと働きながら、社長の決定をすぐに実行する、高収益体質の会社づくりをサポート、生産性が高い強い経営ができる。