中小企業の差別化は◯◯でしかできない時代到来

”社長がひとりで頑張る”ワンマン経営から
”社員が自然と動き出す”サイクル経営へ

『100年塾』塾長の金村秀一です。 


中小企業の差別化は
◯◯でしかできない時代到来

現在、飲食業や宿泊業、小売業などの
サービス業で働く人の割合が、
全就業者の70%に達しようとしています。

これは何を意味しているのでしょうか?
少し考えてみましょう。

半世紀前の1960年頃は、
第一次、第二次、第三次産業の
就業人口の割合が拮抗していました。

サービス業もまだ30%を
少し超える程度でした。

当時は高度成長期で、
モノをつくりさえすれば売れた時代です。
良い商品であればサービスとは関係なく、
爆発的に売れていた時代です。

ところが、今はモノが溢れ、
つくってもなかなか売れない時代です。
良い商品であっても
ヒット商品にするのは
きわめて困難になっています。

私が仕事をさせてもらっている
飲食業界でも同じことが言えます。

街には飲食店が溢れ、
お客様は店を訪れる一番の理由は、
『なんとなく』です。

『あの店に◯◯を食べに行こう!』
という目的志向ではなく、
ただなんとなく飲食店が
決められることが多くなっています。

現在、飲食店にひと月で
来店されるお客様のうち、
60〜70%が新規のお客様です。

しかもそのお客様のほとんどが
一回きりの来店で、
再来店されることはない
というデータもあります。

サービス業が70%を占めるようになると、
お客様に対して
商品で差別化していくことは
ますます難しい時代と言えます。

そこで、提供するサービスで
差別化していくしか方法はありません。

私の店舗では、
法人営業や名刺交換を積極的に行い、
その上で常連のお客様
(ロイヤルカスタマー)に対して、
名前でお呼びするなどの『えこひいき』を
社員とキャストが実施しています。

サービスを提供するのは、
もちろん人です。

この人の部分を教育し続けて
差別化していくことだけが、
中小零細企業に残された
唯一の差別化です。

時代の流れは、
中小企業の差別化を
商品から人財に変えた。

★☆★今日の仕事ができる人の心得★☆★

【 差別化 】

目で見て認識しないとダメです。

他社との競争の基本です。

敵や競争相手に対して、

何を、どのようにして

”差”をつけるかということです。

3つ以上ないとダメ、

相手がイヤがることをやる。

自己満足では意味がない。

この記事を書いた人

金村 秀一

金村 秀一

100年塾塾長・社長コンサルタント

社員数30人以下のヒト・モノ・カネの悩みを解決するための成功し続ける社長の経営塾”100年塾”を主宰。

経営塾”100年塾”は、飲食業界に関わらず、様々な業界の社長が全国各地から参加している。経営計画書・環境整備・斜めの関係という再現性の高い道具を使って、社員がイキイキと働きながら、社長の決定をすぐに実行する、高収益体質の会社づくりをサポート、生産性が高い強い経営ができる。

個別経営相談のご依頼はこちら

金村との1対1の個別経営相談のご依頼を受け付けております。

ご相談内容の例

  • 売上アップや利益アップなど収益面でお悩みの方
  • 社内の見える化や仕組み化を導入・推進したい方
  • 社長の決定がなかなか実行されずお悩みの方
  • 社内のコミュニケーションを円滑にしたい方
  • 銀行からの融資など資金調達でお悩みの方
  • 成功し続けるための経営計画書・環境整備を詳しく聞きたい方

このようなお悩みをお持ちの方はもちろん、「どうしたらもっと上手く経営できるのか?」など、お悩みがはっきりされていない方でも大丈夫です。しっかりとヒアリングをさせていただき、やるべき課題を明らかにしていきます。

費用は、30分間27,000円 (25,000円+税) です。

来社・電話・ZOOM(テレビ会議)などでの相談が可能ですので、距離の制限を受けることなく全国どこからでも、金村に直接経営相談をすることができます。ぜひ、お気軽にご相談ください。

受付スケジュール

個別経営相談の受付スケジュールはこちらのカレンダーをご確認ください

お申し込み

お申込みはこちらのお申し込みフォームからお願いします。

お申し込みはこちら