利益の再投資が会社の未来を決める

『雪だるま方式に儲かっていった・・・』
そんな経験談の一つや二つは、経営者なら聞いたことがあるはずです。確かに、経営がうまくいくと、そういう状態になる時があります。
しかし、それを経験出来るのはダルマの『芯』をつくれる人だけです。伸び悩む多くの経営者は、この芯をつくることができません。芯がなければ、一生懸命に転がしても大きくなることはありません。
ですから、まず、この芯をつくることが大切です。そして、この芯をつくるために必要なのが『再投資』です。
再投資は、どんな会社であれ以下の4つが大切。
①商品価値の向上のための『開発投資』
②認知力・営業力を高めるための『広告投資』
③チーム力アップのための『教育投資』
④生産性を上げるための『設備投資』
小さな会社では再投資の額が多くないから、再投資をする優先順位が大切です。優先順位は業態にもよりますが、①⇒④の順で動くべきことが多い。
利益が出たり、キャッシュに余裕が出てきた時には、消費に走りたい衝動をぐっとこらえて、未来のための投資をしましょう。
それが、やがて『雪だるまの芯』になります。

100年塾 21期生募集開始【先着5社限定】

社員数30人以下の成功し続ける社長のための経営塾『100年塾』の21期生(9月生)の募集がスタートしました!

『経営計画書』『環境整備』『斜めの関係』の会社を強い体質に変える3つの仕組みを使って、たった16週間という短期間で、社長が変わり、社員が変わり、そして、潰れない会社体質を手にすることができます。

100年塾に参加しているお客様の満足度は、驚異の92.6%の小さな会社の社長のための経営塾です。ぜひ、一度その理由を下記からご覧ください。

無料メルマガ

▽▽▽ 金村秀一の公式 無料 メルマガ 『経営のカンドコロ』の登録はこちら ▽▽▽ 

*メールアドレス
*お名前(姓)
※お名前は匿名でも登録できます。

こっそり感想を送信する

この記事を書いた人

金村 秀一

金村 秀一

100年塾塾長・社長コンサルタント

社員数30人以下のヒト・モノ・カネの悩みを解決するための成功し続ける社長の経営塾”100年塾”を主宰。

経営塾”100年塾”は、飲食業界に関わらず、様々な業界の社長が全国各地から参加している。経営計画書・環境整備・斜めの関係という再現性の高い道具を使って、社員がイキイキと働きながら、社長の決定をすぐに実行する、高収益体質の会社づくりをサポート、生産性が高い強い経営ができる。