中小企業の社長はどんなに厳しい時でも上を向いて全速力で遠回り

虫の目で足元を、鳥の目で遠くを見る

『望遠鏡』しかない時、経営は、足下から少しずつ、崩れていきます。

『顕微鏡』しかない時、経営は、ある日突然、吹き飛ばされます。

望遠鏡か顕微鏡の、どちらかひとつしか持っていない・・・

そういう社長がほとんどです。

 

遠くだけを見る者は『近く』に足をすくわれます。

近くだけを見る者は『遠く』に叩き潰されます。

簡単なことではないが、

社長には両方の視点がないといけません。

 

遠くだけを見つめて、足下を見失ってはいませんか?

足元ばかりを見て、遠くの危機を見過ごしてはいませんか?

 

『虫の目』で足元を見て、

『鳥の目』で遠くを見つめる。

成功し続ける社長は、

虫の目と鳥の目の二つの目を持っています。

そして、いつも、木も見て、森も見る。

近道を探している人に成功はない

経営に『近道』はありません。

正しい道はあるかもしれませんが、

近道はありません。

 

でも、

近道を探すのに忙し過ぎて成功するヒマがない・・・

そんな社長は多くいます。

でも、誰もがうまくいく・・・

そんな都合のいい成功法則など、

あるはずがありません。

 

唯一あるとすればこの法則。

①考える
②気づく
③行動・改善する
④失敗する
そしてまた①考える。

 

成功者は、このサイクルを繰り返しているだけです。

近道なんて、していない。

近道なんて、探していない。

人より速く、このサイクルを回しているだけ。

 

近道を探してはいませんか?

近道を探すことに忙しくて、

進むことを忘れていませんか?

 

あなたの仕事は、近道を探すことではありません。

成長に向かって一歩一歩、進んでいくことです。

たとえ、それが少し遠回りであっても、

全速力で駆け抜ければ、

近道を探してさまようよりも、

ずっと早くゴールに近づけます。

『全速力で遠回り』

それくらいの気持ちで行きましょう。

社長はいつでも3人から見られている

どんな優秀な社長でも、長く経営をやっていると、

厳しい時代の1つや2つはあります。

 

何をしたらいいのか分からず、途方に暮れる時、

誰を信じていいのか分からなくなり、孤独を感じる時、

何をやっても手応えが無く、徒労感だけが残る時、

そんな時の1つや2つは、やってきます。

 

それでも社長は、前を向いていかないといけません。

胸を張って、上を向いて歩いていかないといけません。

 

なぜなら、あなたは、見られているからです。

あなたは、お客様から、見られています。

あなたは、社員から、見られています。

あなたは、社会から、見られています。

 

人は、下を向いている人から、商品は買いたくないものです。

人は、元気のない人には、ついていきたくないものです。

社会は、そういう人に、何かを任せたくないものです。

 

だから、社長は、まず、上を向くことです。

どんなに辛い時でも、我慢して上を向いていることです。

それは経営者の『大切な仕事』です。

 

金村秀一公式メルマガ

*メールアドレス
*お名前(姓)
※お名前は匿名でも登録できます。

匿名でブログの感想を送信する

この記事を書いた人

金村 秀一

金村 秀一

100年塾塾長・社長コンサルタント

社員数30人以下のヒト・モノ・カネの悩みを解決するための成功し続ける社長の経営塾”100年塾”を主宰。

経営塾”100年塾”は、飲食業界に関わらず、様々な業界の社長が全国各地から参加している。経営計画書・環境整備・斜めの関係という再現性の高い道具を使って、社員がイキイキと働きながら、社長の決定をすぐに実行する、高収益体質の会社づくりをサポート、生産性が高い強い経営ができる。