社長のビジョンが人の心を動かす。【社長の覚悟】

人の心を揺さぶる社長の姿

この世の中は、

1つのことに本気で取り組んでいる人の姿を見て、

心を動かさなかった人はいません。

その志高き姿勢に、人は心を揺さぶられるのです。

成し遂げる社長が持っているもの

『私は絶対こうする』という思想を保てる精神状態は、

ある意味、狂気と言えます。

でも、社長の志を成し遂げる人とは、

この狂気を間違いなく持っているものです。

『最初の決心』を忘れない

なんでも、『最初の決心』というものが一番重要です。

これが、どこまでも付いて回るからです。

事をはじめるときに、成し遂げるときに大切なことは、

シンプルに、心の底から、『この道を極めたい』と

叫ぶことができるかどうか。ただ、それだけのこと。

名を上げたいとか、体面を守りたいとか、

そんなことを気にするがあまり、

初心を忘れ、曲げてしまったら最後です。

一度曲がった初心は、二度と戻ることはないからです。

失敗が社長を強くする

社長が立てた計画は、今まで数え切れないほど頓挫しています。

しかし、頓挫するたびに、社長の志はますます大きくなります。

想像してしまうからです。

この壁を乗り越えた向こうの世界を。

愚直にマイルールに従う

ひとたび成功を手にすると、周囲にもてはやされるが故に、

成功に振り回され、潰れてしまう社長が多くいます。

本物になるまで20年。

ただ、愚直に動いていればいい。

今がどんなに逆境だったとしても、

愚直に動いていれば、いつか大きな花が咲く。

 

金村秀一公式メルマガ

*メールアドレス
*お名前(姓)
※お名前は匿名でも登録できます。

匿名でブログの感想を送信する

この記事を書いた人

金村 秀一

金村 秀一

100年塾塾長・社長コンサルタント

社員数30人以下のヒト・モノ・カネの悩みを解決するための成功し続ける社長の経営塾”100年塾”を主宰。

経営塾”100年塾”は、飲食業界に関わらず、様々な業界の社長が全国各地から参加している。経営計画書・環境整備・斜めの関係という再現性の高い道具を使って、社員がイキイキと働きながら、社長の決定をすぐに実行する、高収益体質の会社づくりをサポート、生産性が高い強い経営ができる。