中小企業社長はアイデア発想が仕事ではない、実践することが仕事だ!

ひらめきの不良在庫を増やさない

何かをはじめよう、やろうと閃く。

その時は、『今やろう!』と腰を上げるが、『そのうちに』と一旦忘れるか。

『今やろう!』と思った時に、何かきっかけとなる行動を起こすこと。

これができない人は、いつになっても何もはじめることができない。

ベストなタイミングは『今』である

『そのうちに』と考える人は、やるべきベストなタイミングがいつかくると信じ込む。

いつの日か、十分な知識、やってやろうという気力、

やり切れる体力、イケるという予感などの全てが

完璧に揃うベストなタイミングがいつかくると信じている。

人生で大切なことは、『いかに素早く一歩目を踏み出せるか』である。

『いかに多くの問題に気づけるか』である。

それを『いかに丁寧に改善し続けられるか』である。

成功を掴めるタイミングを待ち続けるのではなく、

少しずつ成功に近づくための工夫を続けた方が早く到着できる。

動きながら準備する

すぐに行動する人は、『知識は最低限でいい』と考えている。

なぜなら、実際に動く前に、わかることなんてほとんどないと知っているからだ。

だからよく失敗もする。

でも、この失敗のおかげで、順調に成功に近づいていると考えている。

僕たちの脳は、自分の行動をうまく正当化するように作られているからだ。

実践しない知識・知恵は無意味だ

小さな一歩でも、一歩踏み出すことを続けてさえいれば、

なぜこれが正しいのかという理由を脳が勝手に集めてくれる。

『実践しない知識・知恵は無意味だ』

大切なことは不安をなくすことではない。

いかに早く動き、多くの失敗を重ねることができるかである。

未来は自分の手で生み出すことができる。

 

金村秀一公式メルマガ

匿名でブログの感想を送信する

この記事を書いた人

金村 秀一

金村 秀一

100年塾塾長・社長コンサルタント

社員数30人以下のヒト・モノ・カネの悩みを解決するための成功し続ける社長の経営塾”100年塾”を主宰。

経営塾”100年塾”は、飲食業界に関わらず、様々な業界の社長が全国各地から参加している。経営計画書・環境整備・斜めの関係という再現性の高い道具を使って、社員がイキイキと働きながら、社長の決定をすぐに実行する、高収益体質の会社づくりをサポート、生産性が高い強い経営ができる。